庭づくりは未来づくり 花咲き実が成る草木を植える

庭づくりは未来づくり 花咲き実が成る草木を植える

「庭間」のある暮らしを提案するベガハウスの家づくりは、
建築空間と一体で考える豊かな庭づくりを大切にしています。
造園家・景観デザイナーの荻野寿也さんが庭づくりのパートナーです。

住まいと暮らしのスケールを広げる

気持ち良いスケール感があり、時間の流れをゆったりと感じる空間を生みだす鍵は、庭づくりにあると考えます。豊かな庭は、四季折々の喜びを届けてくれます。自然と寄り添った暮らしが生まれます。オープンエアの爽快感を日常で味わえる住まいがつくれます。敷地の大小にかかわらず、暮らしと住まいを大らかにひろげる庭づくりを大切にします。

自然と建築をつなぐ荻野さんの庭デザイン

大阪を拠点に全国各地で活躍している造園家であり景観デザイナーの荻野寿也さんが、庭づくりのパートナーです。荻野さんの庭づくりは、建築が環境になじみ、環境を建築に取り込む造園です。住まいそのものが庭になるのが理想、と語ります。庭と建築に隔たりのない、豊かな暮らしを生みだす庭づくりに、荻野さんと一緒に取り組んでいきます。

荻野流のデザインテーマは“原風景”

つくり込んだ庭でなく、人為を感じさせない“原風景”が荻野流のデザインテーマです。その敷地は人の手が入らなかったらどんな植生なのか。そこから見える自然の眺めにどう溶け込むか。住む人の心の奥にある原初の風景とどう結びつくか。緻密に、徹底的に考え抜いて、作為的なところのない、住む人の気持ちの波長に合った庭をつくり出します。

未来を植える、毎日の暮らしを築いていく

木、苗、種を植えて育む行為は未来づくりそのもの。庭づくりは、未来を植えることだと荻野さんは語ります。引き渡しはゴールでなく、竣工してからが本当の家づくりの始まりだと考えるベガハウスにとって、植栽は重要なテーマ。
日々成長を重ねる庭の草木と共に、毎日の暮らしを積み重ねることで、空間の成熟度を高めていく家づくりを提案しています。