終了間近!「ショーホーム@下福元」5つの見どころ

終了間近!「ショーホーム@下福元」5つの見どころ

昨年9月から予約制にて公開しております「ショーホーム@下福元」。
これまでたくさんの方にご覧いただいたこと、大変嬉しく思っています。誠にありがとうございました。

そんなショーホームですが、いよいよ

1月26日(日)17:00

にて、終了いたします。まだご覧になっていない方、いらっしゃいませんか?「見る予定だったのに忘れてた!」という方は今月が最後のチャンスになりますので、ぜひぜひご予約の上、お越しください。

この記事では、「ショーホーム@下福元」の見どころを改めてご紹介します!家づくりやご見学の参考にされてくださいね!

【見どころ_01】屋根が二つ。隣人は最愛の家族です。

二世帯住宅にも色々なカタチがあります。1階が親世帯、2階が子世帯とか、親世帯の分、部屋数を増やした完全同居型とか。

今回のショーホームはそのどちらでもなく、親世帯と子世帯、それぞれの棟を設けた二棟分離型。二つの棟の間には渡り廊下があり、自由に行き来ができます。

親を近くで見守れて、子育てにも参加してもらえる安心感。それでいて、お互いのプライベートは確保されている。つかず離れずの絶妙な距離が魅力です。

【見どころ_02】ひろびろ玄関に大きな窓

玄関が広いとそれだけで気持ちが良い。仕事から帰るのも、客人を迎えるのも。

外と中の中間として、ベビーカーやガーデニング道具を置いておけたり、大量の買い物でもラクラク運び込めます。さらに、今回は大きな窓を設けて、外光をたっぷり取り込みました。

朝、陽の光に照らされた玄関から「いってきます!」の明るい声が響きます。

【見どころ_03】平屋に高天井の開放感を

平屋になくて、2階建てにあるもの、なーんだ?……答えは「吹き抜け」です。2階分の天井高がある吹き抜け空間は、室内に開放感をもたらします。

平屋にもあの開放感を!と考えて、リビングは高天井にしました。中庭につづく通常の掃き出し窓に加え、頭上にも光を取り込む窓を。高天井が強調されて、開放感がより高まります。

家族の笑い声が響く、暖かなリビングです。

【見どころ_04】二間続きでなごみも2倍の畳敷き

素足に柔らかく、ごろんと寝転べて、なにより日本人の心、畳。和室のみならず、リビングの仕様としても人気です。

今回のショーホームでは、畳リビングの続き間に和室をしつらえました。昼は子どもの遊び部屋。夜は布団を敷いて寝室に早変わり。

和の心を大切にした二間続きで、なごむ気持ちも2倍です。

【見どころ_05】壁掛けTVに最適化された収納

まずは上の写真をご覧ください。中央の壁は、壁掛けTV用のTVボードです。TVの厚みに合わせて、ボードの奥行きも最小限にしています。

「え、そしたらレコーダーやゲーム機はどこにしまうの?」

そう思いました?ハイ、壁の下部にある、格子の部分にご注目。実はココ、AV機器の奥行きに合わせて深く作られた棚が隠れているんです。

表に見えるのはTVだけのスッキリ収納。作り付けだからできる工夫です。

いかがでしたか?

  • ほどよい距離感の二世帯住宅
  • 広々使い勝手の良い玄関
  • 平屋でも開放感のある高天井
  • 二間続きの畳リビング
  • 造作ならではのスッキリ収納

が、「ショーホーム@下福元」のポイントです。ご見学の際に、ぜひチェックしてみてくださいね!

日程

日にち/〜1月26日(日)まで好評公開中(予約制)
時間/10:00〜17:00
場所/下福元町(たわわタウン谷山から車で約5分)※場所の詳細は、ご予約後にご連絡いたします。※見学できるのは一棟のみです。予めご了承ください。
※見学ご希望の方は、以下のリンクよりご予約ください。

見学予約はこちらから