4月18日(土)・19日(日)完成見学会@吉野

4月18日(土)・19日(日)完成見学会@吉野

このイベントは終了しました
最新のイベント情報はこちらから

土間でつなぐ家

※新型コロナウイルス感染防止について※
本見学会では、新型コロナウイルス感染防止措置としまして、ご案内の組数に制限を設けております。また、下記ご案内をご一読ください。ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


・本ページの「ご予約はこちら」より、事前にご予約ください。
・受付にアルコール消毒薬を準備しておりますので、ご案内の前にご使用ください。
・お客様には、マスク着用などご自身での予防やご準備をお願いいたします。また、定期的な手洗い・うがいを推奨いたします。
・1時間に1回のモデルハウス内の換気を実施いたします。
・スタッフの健康管理とともに、ご案内時にはお客様のご理解のもとでマスクを着用させていただきます。

〈data.〉

土地面積:65坪
延床面積:21坪

〈見どころ〉

・玄関から家の中心、キッチンまで続く土間スペース(ダイニング/キッチン)
ガーデニングや菜園にご興味のあるご夫婦のために、屋内・外の境界をあえて曖昧に。土間は汚れに強く、掃除も楽らく。

・土間からつづく、小上がりの畳リビング
古くからある民家の間取りを、今の暮らしに使いやすく見直しました。リビングは吹き抜けになっていて、2階の子ども部屋の気配が感じられます。

・家の中心に、成長を刻む太い柱
2階の中心、夫婦の寝室と子ども部屋の間に柱を。こどもの成長を刻む大黒柱のような存在です。

〈コンセプト〉

前面の道路より、小高い段のある土地。坂を上って振り返ると、桜島が眺められる。

桜島を借景にできることは大きな特徴だが、将来視界を遮るように住宅が建つことも考えられるので、この景観に頼りすぎてはいけない。細長い土地の形状を活かしながら、北の空の美しさにも目を向けられるように設計した。

高低差があること、奥に長いことを造園の特徴として捉え、人を導く庭、視線を遠くに飛ばす庭、風が通る庭など、多様な外の空間をつくる。家の中からでも、外の気配が感じられる配置計画である。

この土地は四角であって四角でない。高低差があり奥行きがある。土地に馴染むよう家を設計するのは、住まい手が土地に馴染むためでもある。

住まい手の家族を、たくさんの眺めや、光や、風で迎えられますように。そして、家が、住まい手にとって親友のような存在になるようにと願い、設計いたしました。

※ご予約はwebのみで受け付けております。予めご了承ください。
※ご予約は、希望日の前日までにお願いいたします。当日ご予約の場合、対応致しかねる場合がございます。

※「見学会のご案内」が“迷惑メールフォルダー”に振り分けられることが、稀にあるようです。弊社からメールが届かない場合には、お手数ですが、「迷惑メールフォルダー」のご確認をお願いいたします。

日程

日にち/4月18日(土)〜19日(日)
時間/10:00〜17:00
場所/吉野※会場の詳細は、ご予約後にお伝えします。

ショーホーム