家づくりに役立つ情報や、ベガハウスの取り組みをお知らせします。

家づくりビギナー必読のメルマガ、登録受付中

家具のワークショップ。リ・デザイン

日置謙太
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
日置謙太

大事な家具

今回は、お施主様の大事に使われてきた屋久杉の座卓を新居に合うようにリ・デザインすることが一つ課題となっております。
表面が樹脂で固められており、少し和風なイメージが強過ぎます。
近くで見ると細かく荒々しい木目が何とも美しいです。

リ・デザインとは

リ・デザインはいろいろな解釈があるそうですが、今回はもともと製品として作られた無垢材の座卓をオリジナル家具に転用して、同じ用途の座卓でもデザインを再検討し新しいものに作り変えようとなりました。

家具デザイナー村澤氏とも検討

まずどのようにリ・デザインしていくか現物を見ながら、いつも我々の良き先生であります、家具デザイナー村澤氏との検討から始めます。

塗装の具合、木材の乾燥度合い、耳付きの天板だったのですが、よく見ると自然の耳付き木材でなく、人工的に作られた木材と推測。
まず検討しやすいように板材にすることに。

工房で実践しながらのワークショップ

ベガハウスには社屋裏にトクエイという工房を構えておりまして、ワークショップ時に決めたことを、その場で工場長が作業してくれます。

手を加えていく

塗装を剥がし、足を取り、耳を落とし立派な板状の材料になりました。

今回のワークショップではここまで、
次回はこの材料をどのように手を加えて新しいものに仕上げていくか検討していく予定です。
まだまだ検討最中ですので完成を楽しみに!

【無料進呈中】ビギナー必読の家づくり読本
設計者から、あなたの予想を超える120点の間取りを引き出す方法をお教えします。

メールアドレスを送るだけ。面倒な登録不要で無料プレゼント中です!

〈ご希望の方は画像をタップ!〉

この記事を書いている人 - WRITER -
日置謙太

Copyright© STAFF BLOG , 2019 All Rights Reserved.