家づくりに役立つ情報や、ベガハウスの取り組みをお知らせします。

家づくりビギナー必読のメルマガ、登録受付中

暮らしの所感。アフター定期訪問「ベガイク」の記録_2021年3月7日

塚本靖己
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
塚本靖己
ベガハウス広報担当です。社内の取り組み、家づくりのお役に立てるような情報などを公開していきます。 ツイッターにてベガハウスの「中のこと」を配信中。肩のこる家づくり勉強の合間、息抜きにチラ見してください。街にあふれる「量産型マイホーム」でなく、あなたのために設計された「ただひとつの家」を手に入れられますように。 【上記ツイッターマークからフォローお願いします!】

3月7日、日曜日。雨。生憎の天気ですが、寒さはいくぶん和らいできました。春はすぐそこ、ですね。

さて、この連載では、お施主さまから「暮らしの所感」をお聞きしています。家づくり中に感じたことや、実際に住んでみて感じていることなど、お施主さまの率直なご意見です。

毎月第一日曜日はアフター定期訪問「ベガイク」の日。「ベガイク」は、8ヶ月おきにお施主さま邸を拝見して、家の状態を確認したり、メンテナンス方法をお伝えしながら、ともに家を育てる、ベガハウスの活動です。

姶良市_Sさま邸

お引渡しから:1年
家族構成:ご夫婦とお子様1人、愛犬1匹

家づくりをはじめたキッカケはなんですか?

奥さま「焚き火やバーベキューなど、外で過ごすことが好きだったので、庭のある生活がしたかったんです。

主人は田舎暮らしを希望してましたが、私は車の運転ができないので利便性がいい場所がよくて。それで間を取って“姶良”を選びました」

家づくりの最中で、印象に残っていることはありますか?

奥さま「ソファや本棚、テーブルやサイドボードなど、大切にしている持ち家具があって。それを全て置けるようお願いしました。

プランナーの長田さんが、当時住んでいたマンションまで来てくれて、実物を見て、どう配置するか考えてくれました」

旦那さま「建設中は、毎週のように現場にも足を運びましたね」

奥さま「棟梁がとてもいい方で。現場の整理整頓もしっかりされていました。進捗状況も説明してくれて。とても感謝しています」

採用してよかったと思う間取り・設備はありますか?

奥さま「パッシブエアコン(全館空調)ですね。うちは個室をしっかり取っていますが、全館空調なので温度にムラがないです。

トイレも寒くないので快適です。毎月の電気代も安くて助かっています。ちょっと乾燥しがちなのでそこは注意が必要かな」

以前のお住いから変わったことはありますか?

奥さま「うちは延床面積が28坪で、最初提案されたときは狭くないかなぁ?と思いました。でも住んでみるとそんなことなくて、丁度いいです。

高1の息子の部屋は3坪で、最初はブーブー言ってましたけど 笑。今は彼なりに工夫して、1人部屋を満喫してます」

旦那さま「あとはやっぱり庭ですね。家をコンパクトにした分、庭を広くしてもらいましたので。半外の小屋も作ってもらってシンクもあるので、釣りの後はそこで魚を捌きます」

奥さま「愛犬のドックランとしても使っています。元気いっぱいの子なので、思う存分走らせることができてよかったです」

これから家づくりをされる方へ

奥さま「なんでも見せること、お話することだと思います。例えば、収納量をはかるためにお家に担当者が来ることがあると思います。

そのときに、恥ずかしがって片付けをしておいたりすると、実際に必要な収納量が分からなくなっちゃいます。

あとで困るのは自分なので、普段の姿を見せたほうがいいですよ。それと同じで、要望や分からないこと、聞きたいことも全部お話しするといいと思います」

姶良市_Kさま邸

お引渡しから:9年
家族構成:ご夫婦とお子様1人

家づくりをはじめたキッカケはなんですか?

旦那さま「息子が幼稚園に入ったことが大きいですかね。私は転勤が多いんですが、家族としては、そろそろ腰を据えようかと」

奥さま「幼稚園に友だちができてきて、(引っ越しで)引き離すのもかわいそうかなと。

工務店さんとハウスメーカー、合わせて3〜4社見に行って、最終的には要望を受け止めてくれて、融通を聞いてくれそうなベガハウスに決めました」

採用してよかったと思う間取り・設備はありますか?

奥さま「キッチン・リビングから庭を眺められる大開口です。春になったら緑に溢れて、鳥も飛んでくるし、眺めているだけで癒やされます」

旦那さま「その開口に深い庇(ひさし)を付けてもらいました。日差しや雨を気にせず庭に出られて快適ですよ」

以前のお住いから変わったことはありますか?

奥さま「前住んでいたところは暗い印象がありましたが、今はリビングから2階に吹き抜けがあるし、採光も考えられていて明るいです。

2階には子ども部屋があるんですが吹き抜けでつながっていて、なんとなく気配を感じられるのもいいですね」

旦那さま「あとは庭をよく使うようになりましたね。手入れはなかなか大変ですが 笑。私は汗を流したいときに草むしりしています。いい気分転換になりますよ」

奥さま「コロナ禍で外出できなくても、ウッドデッキで食事して外の空気を楽しめました」

ご家族それぞれのお気に入りの場所はありますか?

旦那さま「私はもっぱらリビングのソファですね。TVを見ながらくつろいでいます」

奥さま「ウッドデッキで日向ぼっこするのが好きです。とっても気持ちがいいんですよ。野球部の息子はよく庭で素振りをしていますね 笑」

これから家づくりをされる方へ

奥さま「住み始めて9年経って思うことですが、暮らしてみると「思いもよらないこと」がたくさん起きます。

私たちも、まさかリビングに野球バットが置かれるなって思ってもみなかった 笑。

だから、すべての間取りに意味を持たせるんじゃなくて、“余白”のあるお家を考えられたほうがいいと思います」

旦那さま「そういう意味では、家を建てた後でもつながっていられる工務店・ハウスメーカーがいいですよね。

ベガさんは8ヵ月に一度、必ず来てくれるから、暮らしに変化があったときに、いろいろ相談しやすいです」

【無料進呈中】ビギナー必読の家づくり読本
設計者から、あなたの予想を超える120点の間取りを引き出す方法をお教えします。

メールアドレスを送るだけ。面倒な登録不要で無料プレゼント中です!

〈ご希望の方は画像をタップ!〉

この記事を書いている人 - WRITER -
塚本靖己
ベガハウス広報担当です。社内の取り組み、家づくりのお役に立てるような情報などを公開していきます。 ツイッターにてベガハウスの「中のこと」を配信中。肩のこる家づくり勉強の合間、息抜きにチラ見してください。街にあふれる「量産型マイホーム」でなく、あなたのために設計された「ただひとつの家」を手に入れられますように。 【上記ツイッターマークからフォローお願いします!】

Copyright© STAFF BLOG , 2021 All Rights Reserved.