家づくりに役立つ情報や、ベガハウスの取り組みをお知らせします。

家づくりビギナー必読のメルマガ、登録受付中

暮らしの所感。アフター定期訪問「ベガイク」の記録_2021年4月4日

塚本靖己
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
塚本靖己
ベガハウス広報担当です。社内の取り組み、家づくりのお役に立てるような情報などを公開していきます。 ツイッターにてベガハウスの「中のこと」を配信中。肩のこる家づくり勉強の合間、息抜きにチラ見してください。街にあふれる「量産型マイホーム」でなく、あなたのために設計された「ただひとつの家」を手に入れられますように。 【上記ツイッターマークからフォローお願いします!】

4月4日、日曜日。あいにくの雨。この雨で、桜もだいぶ散ってしまうかもしれません。ですがそれは新緑の季節の始まりの合図。美しい葉桜が楽しみです。

さて、この連載では、お施主さまから「暮らしの所感」をお聞きしています。家づくり中に感じたことや、実際に住んでみて感じていることなど、お施主さまの率直なご意見です。

毎月第一日曜日はアフター定期訪問「ベガイク」の日。「ベガイク」は、8ヶ月おきにお施主さま邸を拝見して、家の状態を確認したり、メンテナンス方法をお伝えしながら、ともに家を育てる、ベガハウスの活動です。

本名町_Sさま邸

お引渡しから:2年2ヶ月
家族構成:ご夫婦とお子様2人

ベガハウスを選んだ“決め手”は?

奥さま「家づくりの初期から、HPやインスタグラムでベガハウスのことは見ていて、印象も良かったです。夫と話して、まずは他のところも見てみようと。

それで3社ほど見学しましたが、担当してくれた方の対応や、雰囲気が一番良かったのがベガハウスでした。それが決め手になりましたね」

採用してよかったと思う間取り・設備はありますか?

奥さま「サイズ感ですかね。広すぎず狭すぎず。あと1階のリビング・ダイニングは土間にしてもらったんですが、よかったです。

コロナ前は友人を招いて庭で食事をしたりしてましたが、キッチンと庭の行き来が楽で。私がフラワーアレンジメントをするときも、水の入ったバケツを平気で置けます。

あとは、昨年アフター担当の坂元さんに作ってもらった子ども用ベッド。自分用の空間ができたことで、好きなように飾ったり、整理整頓したりして楽しんでいます」

以前のお住まいから変わったことはありますか?

奥さま「冬も夏も快適です。冬は1階で暖房をつければ2階まで暖かいし、夏は2階でエアコンをつければ1階まで涼しい。一部吹き抜けだったり、コンパクトな設計のおかげかなと思います。

2階に洗面所があるんですが、洗濯(洗う、干す、しまう)の動線がすごく短いのも助かっています」

ご家族それぞれのお気に入りの場所は?

奥さま「私はキッチン。夫も子ども二人も1階にいることが多いです。夫は3階に趣味部屋を作ったのに、リビングでギター弾いてたり_笑

テレビは持ち運びできる小さいものしかないですが、代わりにプロジェクターを買いました。去年の末は、白壁に紅白歌合戦を映して家族で見ましたよ」

これから家づくりをされる方へ

奥さま「今のおうちも住みやすくて満足しているんですが、ファーストプランのままだったらどうだったかな?ってときどき思います。

私たちのプランナーは谷さんでしたが、しっかり打ち合わせを重ねて、信頼できる設計士さんだなって思ったんです。だからこそ、谷さんのファーストプランが気になって。

納得できるまで設計士さんとお話することは大事だなと思います」

吉野町_Sさま邸

お引渡しから:8カ月
家族構成:ご夫婦

家づくりをはじめた“キッカケ”はなんですか?

奥さま「夫のほうが先に興味を持ち始めて、私は賃貸のままでいいかな?と思っていました。

そんなとき、たまたまインスタグラムでショーホーム〈丘のいえ〉を見つけて。素敵だなと思いました。それで、私も家づくりに興味が湧いてきたんです」

家づくりの最中で、印象に残っていることはありますか?

奥さま「棟梁がとてもいい方でした。毎週のように現場にお邪魔してましたが、その度に状況を詳しく説明してくれて、優しい方でした」

着工後に現場で打ち合わせをし、増やした窓(正面)

旦那さま「大工さんとお話できたので、着工してからも窓を増やしてもらったり、要望をお伝えすることができました。図面や模型だけではイメージできない部分も多かったので、現場を見ながらお話できたのは嬉しかったですね」

採用してよかったと思う間取り・設備はありますか?

奥さま「まずは平屋。2階に上がらなくていいシンプルな間取りが気に入っています。質感のよい漆喰の内壁もいい。匂いの残りがちな料理をしても、次の日には気にならなくなってるんですよ」

旦那さま「リビングから庭につながる土間も、空間に広がりが出てよかった。私は庭で家庭菜園をしているので、土間から庭に出れるのが便利です。

昨年の台風では、外に出しているものを土間に避難させて。大活躍でした。あと、土間からは私の書斎へも行けます。ときどき仕事をしたり、私の趣味のものはここに押し込んでいます 笑」

ご家族それぞれのお気に入りの場所は?

奥さま「私も夫も、リビングのソファベッドです。前の家から使っているもので、新居でも使いたかったので設計に盛り込んでもらいました。

テレビを見たり、ゴロンと横になったり、夫は晩ごはんのあとそのまま寝ちゃったり。幸せそうです」

これから家づくりをされる方へ

旦那さま「言いたいことは、ちゃんと言う、でしょうか。要望をきちんと伝えて、その度にプランを練り直してもらいました。プランナーの長田さんにはとても感謝しています。

とても話しやすい方で、相談しやすかった。長田さんがプランナーで良かったなと思います。人生でこれ以上の買いものはないので、後悔のないようにしてほしいです」

【無料進呈中】ビギナー必読の家づくり読本
設計者から、あなたの予想を超える120点の間取りを引き出す方法をお教えします。

メールアドレスを送るだけ。面倒な登録不要で無料プレゼント中です!

〈ご希望の方は画像をタップ!〉

この記事を書いている人 - WRITER -
塚本靖己
ベガハウス広報担当です。社内の取り組み、家づくりのお役に立てるような情報などを公開していきます。 ツイッターにてベガハウスの「中のこと」を配信中。肩のこる家づくり勉強の合間、息抜きにチラ見してください。街にあふれる「量産型マイホーム」でなく、あなたのために設計された「ただひとつの家」を手に入れられますように。 【上記ツイッターマークからフォローお願いします!】

Copyright© STAFF BLOG , 2021 All Rights Reserved.