家づくりに役立つ情報や、ベガハウスの取り組みをお知らせします。

家づくりビギナー必読のメルマガ、登録受付中

家事が楽しくなる!我が家のキッチン大特集

長田友紀
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
長田友紀

ご家族のご要望を聞いていると、ほぼ100%で「家事動線を考えたい」というご要望をいただきます。家事動線の中には、毎日のお洗濯のこともありますし、外から帰ってきて荷物をすぐにパッと置きたいということも。その中でも様々なスタイルがあってご家族の色がでやすいのがキッチン! ということで今回はキッチン特集と参りましょう。

キッチンひとつで間取りが大きく変化

キッチンに立っている時間を想像してみてください。窓から緑が感じられたらいいなぁ。とか、家族と会話しながら洗い物したいなぁ。とか。大きな作業台がほしいなぁとか。

よく話にでるランキング(勝手なランキングですが。笑)第1位は、今の賃貸が家族のいるスペースと仕切られていて料理するときに孤立していて寂しい。第2位家電製品を隠したい。第3位ちょっと散らかりそうだから、オープン過ぎなくていい。

このようなこともふまえて、いろいろ考えていくと、立つ位置から見える景色、配置、食卓との関係性、収納との関係などなど

キッチンの形や位置、ご要望によって、家全体の間取りも大きく影響をもたらします!

ということで、様々なキッチンをご紹介 !

【みんなを見渡す対面キッチン】

食事の準備をしながら家族の姿を見ながら会話をしたり、はたまた食事がすんだあと片付けしながらテレビが見たい…などのご要望もあったり。IHやガスコンロの上にはレンジフードがつきますので、その位置のことも考えられるとよりベストです!

【外の緑と光を感じながら壁付けキッチン】

賃貸のおうちに住んでいると窓がないキッチンも多いですよね。ここで、外を感じたいというご要望も多い。そして、キッチンを壁にもってくることで、大きな作業台を設ける場合も多く、来客が多い方や2人、3人でキッチンに立ちたいというご要望にもってこい!

【自由度アップ!シンクとコンロが分かれたセパレートタイプのキッチン】

ガスコンロ(IH)は油跳ねもきになるから壁側がいいけど、洗い物の時は家族の方を向いていたい!という方にお勧めの形。幅や、シンク側の奥行も自由度がありますね!ダイニング用の椅子より座面の高さが高いハイスツールを置いてカウンターのような使い方もできますね。

【まわりをくるくるアイランドキッチン】

家族の動線や光の取り方、間取り次第ではアイランドキッチンも魅力的。大勢のお友達やご親戚でにぎわうことが多いご家族や、空間とつながりをもたせて開放的に使いたい方におすすめ!

【密かなる人気。少し閉鎖気味な独立キッチン】

家族の気配は感じたいけど、窓があって明るくて風も通るなら、ちょっと囲われている独立したキッチンでもいい!という声も。片づける自信がない方や、ごちゃごちゃしそうだからということで、思い切って囲まれた空間に。独立型と言っても、ちょっと振り向けば家族がいるくらいの距離でOK!光や換気に注意!

L字型や、コの字型もありますね。本当にいろいろな形があります。

こんなのもある!間取り優先なキッチン

狭小地にある街中のスキップフロアの家。こちらは敷地がコンパクトだったため既製品のキッチンでは幅が合わず、オリジナルのキッチンと奥行の浅い作業台でスッキリと

片付けも楽々!キッチンの横にダイニングテーブルをくっつけたい!

マグネットつけ放題!スッキリシャープなガルバリウムの壁

ワンちゃんと暮らすおうちで、料理の際や使っていないときに食べ物もあるから閉めたい! ということで、造り付けでゲートを設置

と、これも一部にすぎません!

いろいろな形があるからこそ、暮らしをイメージしていただき、せっかくなら愛着のわく、ご家族にあった自慢のキッチンを造って頂きたいのです!

ぜひ実際に見ながら、体感していただきながら、楽しんで迷ってみてください!そして、いつでもお気軽にご相談ください。

作って飲んでが大好き長田でした。

【無料進呈中】ビギナー必読の家づくり読本
設計者から、あなたの予想を超える120点の間取りを引き出す方法をお教えします。

メールアドレスを送るだけ。面倒な登録不要で無料プレゼント中です!

〈ご希望の方は画像をタップ!〉

この記事を書いている人 - WRITER -
長田友紀

Copyright© STAFF BLOG , 2019 All Rights Reserved.