家づくりに役立つ情報や、ベガハウスの取り組みをお知らせします。

家づくりビギナー必読のメルマガ、登録受付中

いまできることは「こんまま」でいること。コロナ禍で見えたこれからの暮らし方。ショートムービー「keep easy」に込めた想い。

塚本靖己
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
塚本靖己
ベガハウス広報担当です。社内の取り組み、家づくりのお役に立てるような情報などを公開していきます。 ツイッターにて“楽しく悩める”家づくりトピックを発信中。ウチの取り組みがどうこう・・ではなく!あくまで中立の立場で、家づくりの豆知識をお伝えします。私個人の好みはでます 笑 【上記ツイッターマークからフォローお願いします!】

#コロナを乗り切ろう

現在、ニュースやSNSをのぞけば、「コロナに勝とう」「コロナに負けるな」「コロナを倒せ」という言葉が毎日飛び交っています。この言葉に少し、違和感を覚えています。

もちろん、新型コロナウイルスに感染した方、そのご家族、または感染の影響で生活が一変してしまった方、心に大きな傷を負ってしまった方のお気持ちを考えると、胸が張り裂ける思いです。コロナを倒すべき悪にして、心を奮い立たせなくては、平静を保てない。そのお気持ちもよく分かります。

けれど、この「コロナを相手取った対立構造」は一種の起爆剤のようなもの。事態が長引けば、その効力も薄まります。緊張の糸が切れたとき、ポキリと心まで折れてしまいそうで、怖さを感じてしまうのです。

そんな折、弊社のお施主さまとお話する機会がありました。その方のお声は、いつもどおり朗らかで、くったくがありせん。

「外出自粛でどこにも行けませんね、どう過ごされてますか?」

と尋ねてみると、

「暇だからね、庭にみかんの木を植えましたよ。実がなるのが楽しみ。それに、デッキでご飯食べてます。いま焼き鳥にはまってるのね」

そのとき、はたと気付いたのです。そうかと。私たちはずっと、豊かなおうち時間が過ごせるよう、ご提案を続けてきました。それを受け止めてくれたお施主さまなら、この苦難を乗り越える「暮らし方」をすでに実行されているはず。

ならばお知恵を拝借しよう!

それが、ショートムービー「keep easy」をつくったきっかけです。

#気を張らずに過ごせる素晴らしさ

「ご自宅で、どのように過ごされていますか?スマホで撮って、送ってください」

と、お施主さまに呼びかけました。すると、たくさんの方からお返事が。動画には、思わず頬が緩むような「何気ない日常」が収められていました。

お菓子作りを楽しんだり、

お庭でバドミントンをしたり、

ご夫婦でティータイムを過ごしたり、

ホームシアターで映画を観たり、

気の向くまま楽器を演奏したり。

そんな姿を眺めていると、「自宅待機・外出自粛も悪くないな」と思えたのです。「外で楽しめないなら、家を楽しめばいい」。そんな、気を張らない発想の転換が素晴らしいと思いました。

現状を「アクション」で打破しようとする方もいます。けれど、それ以外の大勢の方にとって、現状を乗り切る最善策は「何もしない」こと。その「何もしない」をポジティブに実行しているのがお施主さまでした。

この「暮らし方」は、私たちの住む鹿児島だけではなく、全国の皆さまにとっても、励みになるのではないか?自宅で過ごさねばならない現状を前向きに捉えるヒントになるのではないか?そう思い、このショートムービーを制作しました。

「なんだか気が抜けちゃった」

ご覧いただいたあと、そんな感想をいただけたら、我が意を得たり!です 笑

制作には、鹿児島のシンガーソングライター・コジマサトコさんと、カメラマン・島崎智成さんにご協力いただきました。少ない製作日数の中、無理なお願いに快く応えていただき、本当にありがとうございました。この場を借りて、お礼申し上げます。

#「こんまま」でいよう

ショートムービーの最後、歌い手のコジマサトコさんがつぶやきます。

「こんまま」

鹿児島弁で「このまま」です。

こちらが意図したものでもなく、コジマさん自身も、このシーンが使われるとは思っていなかったはずです。でも、このまま使いました。

それは、このつぶやきが、この4文字が、ショートムービーを通して伝えたいメッセージを要約していると思ったからです。

自宅待機で、閉塞感と心もとなさにさいなまれている皆さん。いまは「こんまま」で。できる対策を打ったなら、あとは、一緒に待ちましょう。

そして、このタイミングでこそ、あなたの「暮らし」を見つめ直してみませんか?

おうちの外には仕事があり、多くの楽しみがあり、美味しい食事もあります。あなたのおうちはどうでしょう?1日の疲れをリセットし、心を落ち着けるべきおうちは、十分にその役目を果たしているでしょうか?

おうちでの時間が「退屈だ」と感じているとしたら、それは外での「生活」に依存しすぎて、あなたの「暮らし」をおろそかにしていたからかもしれませんね。

家は、「暮らし」を受け止める器です。好きなこと、落ち着くこと、笑い合えることを、叶える場所です。外に求めていたことも、もしかしたら、家で叶うかもしれません。

あなたの「理想の暮らし」はなんですか?

このショートムービーが、その気付きになれば幸いです。そして、気付いたことは、ぜひ私たちにも教えてください。

YouTubeのコメントでも、いま受付中の「web見学会」でもかまいません。

一緒にこの苦難を乗り越えて、そして、新しい理想を語り合いましょう。

【無料進呈中】ビギナー必読の家づくり読本
設計者から、あなたの予想を超える120点の間取りを引き出す方法をお教えします。

メールアドレスを送るだけ。面倒な登録不要で無料プレゼント中です!

〈ご希望の方は画像をタップ!〉

この記事を書いている人 - WRITER -
塚本靖己
ベガハウス広報担当です。社内の取り組み、家づくりのお役に立てるような情報などを公開していきます。 ツイッターにて“楽しく悩める”家づくりトピックを発信中。ウチの取り組みがどうこう・・ではなく!あくまで中立の立場で、家づくりの豆知識をお伝えします。私個人の好みはでます 笑 【上記ツイッターマークからフォローお願いします!】

Copyright© STAFF BLOG , 2020 All Rights Reserved.