家づくりに役立つ情報や、ベガハウスの取り組みをお知らせします。

家づくりビギナー必読のメルマガ、登録受付中

ベガ弁!-無印良品の冷凍食品でおいしい弁当作っちゃいましたSP-2021年2月

塚本靖己
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
塚本靖己
ベガハウス広報担当です。社内の取り組み、家づくりのお役に立てるような情報などを公開していきます。 ツイッターにてベガハウスの「中のこと」を配信中。肩のこる家づくり勉強の合間、息抜きにチラ見してください。街にあふれる「量産型マイホーム」でなく、あなたのために設計された「ただひとつの家」を手に入れられますように。 【上記ツイッターマークからフォローお願いします!】

ふと、思うことがあります。

「このブログ、面白いのか?需要ある?」

と。でも、ときどき「読んでますよ」「面白いですね」という声をいただけて、それがとっても嬉しくて。1歩1歩やってきたら、ついにここまで来ましたよ!

無印良品コラボ〜〜!!!

ベガ弁!とは?

月に一度、スタッフが弁当を持ち寄って、誰の弁当がNo.1かを競う、それが「ベガ弁!」です。毎月テーマを設けて、「テーマに合っているか」「彩りはきれいか」「栄養のバランスは」などの観点から総合No.1を決めます。

審査は、現役ママでもある弊社のスーパーパートOさんに加え、今回は!

(左)白澤さん、(右)松見さん

〈無印良品 マルヤガーデンズ鹿児島〉の店長・白澤さんと、〈マルヤガーデンズ〉の店舗運営部副部長 兼 店舗開発部門マネージャー(ようするに偉い)・松見さんにお越しいただきました〜!

スラムダンクで言えば、安西先生と陵南の監督・田岡茂一がやってきた感じです(つまりすごいこと)

今回はお二人にも審査に加わってもらいます!

今回のテーマは「無印良品の冷凍食品×鹿児島食材のアレンジレシピ」

〈無印良品 マルヤガーデンズ鹿児島〉の注目ポイントと言えば、やはり県内で唯一の取り扱いとなる“冷凍食品”!というわけで、気になる商品を一括購入いたしました!

壮観!

入手困難と噂の“キンパ(韓国風のりまき)”も、白澤店長のご厚意で入手することができました!感謝!

しかし、冷凍食品がいかに美味しくとも、そのまま弁当箱に入れてくるだけでは芸がない!ということで

鹿児島食材を使ったアレンジレシピを考えよう!

となりました!どんなお弁当になったのか?早速お弁当を見ていきましょう!

エントリーお弁当プレゼン!

今回は特別編、お弁当を作った本人によるプレゼン動画付きです!

ディレクター・榊原さん
「さつまあげと鶏飯のアレンジ弁当」
使った商品:京揚げ入り茶切り昆布煮

なんかいきなり「正解」を出した感のある榊原さんのお弁当。プレゼンの後、社長が審査員2人に言いました。

「こんなに完成度の高いお弁当、ばかりじゃないですからね」

と。茶切り昆布を鶏飯の具材として、さらに鹿児島名産“さつまあげ”の中に混ぜ込むとは!しかも鶏飯に必須の出汁はジュレにするという完璧なお弁当仕様!

いや、お見事。このあと発表する人にプレッシャーかかりますよー!


テクニカル・山野くん
「無印和洋折衷」

使った商品:栗と赤飯のおこわ、さばのロースト ハーブオイル

キッチンカーのおしゃれランチ風に仕上げてきた山野氏。

テーマは和洋折衷で、おこわオムライスには知覧茶を混ぜ込み香り付けを、さばの洋風サラダには鰹節を散らしてあります。いや、力(リキ)入ってんじゃん?

普通にかわいいし美味しそうだし、優勝を射程に入れてきた感あります!ダークホース!


テクニカル・田村さん
「餃子の黒酢あんかけ弁当」

使った商品:国産豚肉と野菜の餃子、彩り野菜とひじきの煮物

甘いマスクのたむけんさんです。彼が使ったのは黒酢!良いところに目をつけましたね〜。餃子に黒酢のあんをたっぷり絡めて、艶めいています!

“彩り野菜とひじきの煮物”は……おや?……あ!コイツ、そのまま弁当に入れてきやがったな!

これは裏切りですね。私が人斬り抜刀斎なら「悪即斬」でたたっ斬るところですが、違うのでやめときます。命拾いしたな、たむけん。


経理・小原さん
「さつまいもon the酢豚&そら豆あんかけ海老焼売」

使った商品:酢豚、国産野菜の海老焼売

入社わずか4ヶ月で、天然星の住人であることがバレてしまった小原さん。プレゼン動画でもその片鱗が見え隠れしてます。

けど根は真面目なので、お弁当はしっかり作ってきてくれました!鹿児島特産のさつま芋とそら豆を餡にして、それぞれ酢豚と海老焼売にトッピング!

彩りピカイチのお弁当で勝負です!


テクニカル・桓本さん
「サツマレーシア」

使った商品:バクテー(マレーシア風豚肉の煮込み)、栗と赤飯のおこわ

実は審査の日は大雪で。遅れて参戦となった桓本さん。彼がチョイスしたのは、無印良品さんでも推している“世界の煮込み”シリーズから“バクテー”です!

そら豆&クレソンをチョイ足ししていますが、汁気がそのままなのでお弁当的にどう評価されるのか?

あと芋ね。紅はるかと紫芋で2色にしてるんですが、

まさかあんな酷評されるとは……。

人生いつ被災するか分からないので、備えだけはしておこうと思いました。


広報・塚本
「県産赤鶏の南蛮風&サーモンと辺塚だいだいの炊き込みご飯」
使った商品:金時人参のなます、サーモンのスモーク ブラックペッパー

毎日、人生最高体重を更新し続ける男・塚本でございます。股ずれが人生のパートナーです(哀愁)。

さて、そんな私が作ったのは“なます”を南蛮漬けのベースにした“唐揚げ南蛮風”と、

“サーモンのスモーク”と辺塚だいだい(果汁)を、バターと一緒に炊いた炊き込みご飯です。

炊き込みご飯の味が想像しにくいかと思いますが、“瀬戸内れもんイカ天”のごたる爽やかさ&旨味を思い浮かべてください。つまりガチうまです。


テクニカル・白澤さん
「無印辛品」

使った商品:カムジャタン(韓国風豚肉とじゃがいもの煮込み)、いんげんの生姜醤油和え

プレゼンの冒頭で“無印良品”を“無印商品”と噛んでしまう失態を犯した白澤さん。無印商品はただの100均アイテムやんけ。

“いんげんの生姜醤油和え”にコチュジャンを加えて炒めたという米泥棒レシピ、地味に良いですね。各家庭でも再現性高そうです。

コチュジャンの代わりにキムチでも良さそう!そこに豚肉ともやしを入れて……ってそれはタダの豚キムチか。


テクニカル・石亀さん
「2種類の牛肉煮込み盛り合わせ」

使った商品:ビーフストロガノフ、カスレ(フランス風牛肉と豆の煮込み)

エグい。完成度エグくないですか?石亀さん、昨年末くらいから覚醒しちゃってるんですよね〜。チートキャラになりつつある。

先ほど桓本さんが直面した“煮込みの汁気問題”も紅芯大根に汁気を吸わせることで解決しているし、紅芯大根自体を器にして彩りも華やかだし!

感動を通り越して怒りを覚えます。間違いなく優勝候補!


ディレクター・上大川さん
「かごしま食べ尽くし弁当」

使った商品:カスレ(フランス風牛肉と豆の煮込み)、千切り大根

いや、でかいから!まず弁当がでかすぎるから!花園常連校のラグビー部主将のソレだからこのサイズは!

『カスレ=ただの汁物』『鹿児島の茶色い…何だっけ…さつまあげか!』などなど失言のオンパレードなので、プレゼン動画もぜひ御覧ください。

料理の工夫も見た目もバッチリ美味しそうなのに、サイズ間違えるかぁ〜。さすがかみおや。


設計・赤﨑さん
「炊き込みご飯とみそ汁の和風弁当」

使った商品:小松菜と揚げのおひたし、牛肉とたまねぎの生姜煮

クイーン・オブ・ベガ弁の名をほしいままにする(いらない?)赤﨑さん。すでに5回優勝し、一部では殿堂入りか?という噂もあります。

でもそうなると弁当の偏差値がグググッと下がるので、ギャラ払ってでも続けていただきたい!

“生姜煮”を炊き込みご飯の具にして、そこに金柑とレモンペッパーで作ったふりかけを散らす。“おひたし”をお味噌汁の具にする。

アレンジの仕方がさ?手間かけすぎないけど、ちゃんと別の料理でしかも良き仕上がりってさ?

なんかもう、横綱なんすよね〜勝てる気せんわ(勝つつもりやったんか)。


設計・織田さん
「鹿児島食材全部使い(野菜・果物・肉・魚)弁当」

使った商品:穴子飯、みたらしだんご

一応プレゼン時間は一人30秒にしてあるんですが、誰もソレを守りません。その最たる例がO・D・Aこと織田さんです。一人で2分以上喋っております。

“穴子飯”をひつまぶし的に楽しむアレンジもさることながら、特筆すべきは甘味である“みたらし団子”のアレンジにチャレンジしていること!

ベーコン巻きに金柑トッピングに、スイートポテト団子と3種類も!

しかもスイートポテト団子に関しては、審査員用も作ってきて配るという……!これが噂のワイロロビー活動?大人になるってこういうことですか?


テクニカル・植田さん
「鹿児島にくにくダブルライスバーガー」

使った商品:蓮根のきんぴら、ごぼうと九条ねぎのきんぴら 柚子風味、草だんご

監督:妻、制作:植田という、夫婦タッグでこれまで3度の優勝をかっさらってきた植田さん。その活躍は全盛期のクドカン&阿部サダを見ているようです。

今回も奥様の名采配により激おしゃライスバーガーが爆誕しておりますが、注目はそのお米!一緒に家づくり進行中の

かえるスタイルさんの『古代米』

を使用しています!植田さん担当のお施主さんのお米ですから、相当気合入っているんでしょう!

ただ“草だんご”はダメよ!ただ爪楊枝に刺しただけじゃん!

動画の中で目線がチラッチラするのは、カンペを見てるからです。

と、これで12人のプレゼン終了。めちゃくちゃ真剣に話を聞いてくださるゲスト審査員のお二人。もっとゆるいイベントですよ。
メモまで取っていただいてます!アンビリーバブルや!

テクニカル・日置さん
「“にくまキンパ”と“桜島大根カムジャタン”」

使った商品:キンパ、カムジャタン(韓国風豚肉とじゃがいもの煮込み)

さ!続いては弊社ツインタワーの一角、日置さんですね。彼は、人気商品だけどアレンジ難度高めの“キンパ”に挑戦しています。

「自信ありますよ!」

と言って出しましたのは、“キンパ”の肉巻きおにぎり!……え?チョット待って。のり巻きを肉巻きにしたの?

「はい!」

“キンパ”の中身は?

「肉です!」

分からん!何を言っとるんだ君は!


ディレクター・清水さん
「チーズかけキンパとちょい足しカムジャタンの韓国弁当」

使った商品:キンパ、カムジャタン(韓国風豚肉とじゃがいもの煮込み)

ツインタワーのもう一人、昭和の心を持つシティボーイしみちゃんです。君も“キンパ”と“カムジャタン”か!仲いいな、女子高生みたいやな。

チーズと黒豚味噌を和えたソースを“キンパ”にかけていて、本人は「アレンジのしやすさにこだわった」とのたまっていますが。

私の中のキムタクがこう言っています。

「ぇこれさぁ〜、ほぼ“キンパ”じゃね?」

これをアレンジと呼べるのかは、審査員の判断に任せましょう。


トゥモロー♪

プランナー・長田さん
「鯖が鶏に恋をした 燻製薫る鶏飯弁当」

使った商品:さばのスモーク

こんにちは!アニーだよ!

アニー♪

ということで、弊社取締役 兼 プランナーの長田でございます。

トップバッターの榊原鶏飯に真っ向勝負を挑む彼女の鶏飯は“サバのスモーク”トッピングでございます!

注目すべきは出汁ですね!榊原さんがジュレだったのに対し、アニー長田さんは温かさを重視し、保温タンブラーを別で持っていくスタイル!

携帯性か、温かさか、あなたはどっち派?


経理・福迫さん
「彩り野菜とひじきの炊き込みご飯」

使った商品:彩り野菜とひじきの煮物、鶏肉と根菜の京風お煮しめ

赤﨑さんが横綱・白鳳ならば、福迫さんは往年の名力士・千代の富士です。お弁当に貫禄、そして余裕が感じられます。

“ひじきの煮物”は具だくさんのひじきごはんに。“お煮しめ”はさつま揚げを混ぜ込み、きびなごの黒酢煮を添えて。

お弁当弱者、通称“弁弱”には、この“添える”という発想がありません。欲しい!残りの寿命と引き換えてでも、“添える”という発想が欲しい!

全体的に茶色めですが、やはり男子はこういう弁当が好きなようで、白澤店長は

「個人的にはこのひじきごはんみたいのが大好きなんですよね」と、静かに興奮していらっしゃいました。


設計・小斎平さん
「スモークライスドッグ」

使った商品:サーモンのスモーク ブラックペッパー、さばのスモーク

さ、来ましたよー!私の推しメン・小斎平さんです!

今回のコサさんはマジですごいですよ。おにぎり業界に旋風を巻き起こしますよ!おにぎり界のふわちゃんと言っても過言ではありません!

見てください。おにぎりでなく、“おにぎらず”でもなく!俵型のおにぎりに切れ目を入れて具材を詰め込んだ、“ライスドッグ”です♡かわいすぎ!

「下に引いてある包み紙もかわいいですね」という審査員のコメントに

「これは妻が……」と照れるコサさん。

んもう!インスタの専用アカ作ってバズらせたいくらいだわ!


アフター担当・坂元さん
「肉巻き餃子弁当」

使った商品:国産豚肉と野菜の餃子、国産黒豚肉入り餃子

さて……。最後に。問題児と言うか、宇宙人?四文字熟語で言うなら

支離滅裂

な坂元さんのお弁当です。歩く支離滅裂です。

なぜ餃子に肉を巻いたのか?……分かりません。あえて言えば「坂元だから」でしょうか。

ちょっといいなと思ったのは、餃子の下にベビースターラーメンを敷いて、サクサク食感を足したこと!ちなみに何味ですか?(チキンかな?塩かな?)

「カレー味です」

は?

んんんん〜〜〜〜〜〜〜。思てたんと違う!

谷さん、何つくってるの?のコーナー

赤﨑さん&福迫さんが横綱・白鳳&千代の富士ならば、この男は技のデパート・舞の海でしょう。いつも弁当を作ってこず、その場で調理する男!谷さーん!

「はーい」

はーいじゃなくて。今日はゲスト来てんだから、ピリッと気の利いたやつお願いしますよ!

「任せといてください!」

いつも返事だけは良いんだコイツは。で、何つくるの?

「ひとつは酢豚。これにあるものを足して」

サワーポメロね、そこに置いてあんじゃん。

「……もうひとつはちまきです!これを鹿児島県産の竹皮で香り高く蒸し上げますよ!」

え、ちまきってそもそも竹皮で包んでるんじゃないの?それをさらに竹皮で蒸しても意味な

「さぁ!まずは酢豚から!」

おい!

「強火で熱した中華鍋で、豪快に“酢豚”を炒めます!」

「サワーポメロを和えたら完成です!」

え、もう終わり?

「どうですか!私の酢豚アレンジは!」

白澤さん(以下:白)「え、あ、はい。酢豚にサワーポメロ入れたなって、、、感じですかねぇ」

「ぐぬぬ。では、ちまきのご開陳です!」

「あっっち!竹皮ドームめちゃめちゃ熱い!」

「じゃーん!どうですか!できたて熱々のちまきですよ、うまそう!」

白「はい、弊社のちまきですね」

松見さん(以下:松)「香りも、蒸してる間はしてたけど、火から下ろすとそうでもないですね……」

チーン。

3人「…………」

それは、まだ寒さの残る、2月のことで……谷さんの料理は、きれいに滑ったわけで……父さん、僕はまた、富良野の冬を、思い出しました。

そんなことで谷さんでした!もう少し頑張りましょう!

大審査会スタートします!

毎度のことながら、ここに来るまでの息切れ感ハンパないです。
ここからは一気にラストまで駆け抜けましょう!まずは個人賞の発表です。

せぇーのっ!

ほい!

社長賞→小原さん(色合いが一番キレイだった)
Oさん賞→小斎平さん(こんなかわいいお弁当なら子どももお魚食べてくれそう)
白澤賞→植田さん(生産者との繋がりが感じられた)
松見賞→石亀さん(私が無印のプレスだったらこの弁当で勝負する!)

見事に4人とも割れましたね!白澤さん、松見さんも「甲乙つけがたい……!」と唸っていました。

では、ほめポイントいただけますか?

社長「しわしわのそら豆が多かったけど、小原さんはきれいな断面を見せてるのが良かったね」

白「おかずの冷凍食品が多い中で、甘味(みたらし団子)をアレンジしてくれたのは嬉しかったです!」

白「生産者の顔が見えるって、最高の鹿児島食材ですよね!素晴らしい」

ふむふむ、いいですね!ではーー、ね。褒めてるばかりでは1番が決まらないし(ブログも盛り上がらないし)、そろそろ

ぶった切り寸評タイム

いきましょうか!

松「あ、そしたらいいですか?」

はい!松見さん!

ごめんあそばせ〜

松「坂元さんは、もはや意味が分からないので外していいですか?」

おぉ……。松見さんは殺(や)る側の人間だと思ってましたが、よもやこれほどとは……!

ズビズビーン

社長「福迫さんは今回、主役が多すぎたかな〜。目を引くポイントが絞れないと言うか」

白「上大川さんもそうですね、どれも美味しそうなんだけど、どれが主役か分からない」

社長「あとこれね。汁物はこうなっちゃうよね」

松「桓本さんならこっちが気になりました」

松見さんの手が斬馬刀に見える

松「この芋の並べ方!数十年ぶりに見ましたよ!

戦時中かと思ったわ_笑」

松見さん、あんな真剣に審査してたのに、そんなこと思ってたんですね……(すげぇ)

あんな〜時代も〜あったねと〜

お、Oさん!おとなしいですけど、今回はひっかかるとこなかったですか?

O「そうですねぇ(ゆら〜り)」

斬・鉄・剣!

O「カムジャタン(韓国)
キンパ(韓国)
ナムル(韓国)
ときて

なんでたまご焼き!!!???

とは、思いましたね」

健在や!うちのエースも健在やで!

ツインキャノン!

社長「なるほど!やっぱ同い年だし発想も同じで、日置さんにも入ってるもんね!」

飛び火!

や〜悪口愛のムチが止まらないので逆に決まりません。ここは、無印良品マルヤガーデンズ鹿児島店長!白澤さんに一任してよろしいですか?

白「はい。気持ちは植田さんで決まってるんですけど、

草だんごがマジで余計

なんですよね〜」

時速420km

白「なので草だんごはよけて、と」

今回の総合優勝は……

植田さん(ライスバーガーのみ)でーーーーす!おめでとう!

植田「ありがとうございます!かえるスタイルの山田さんにもお礼を伝えなくっちゃ!」

ほんまやで。あと奥さんにも何卒よろしくお伝えください!

というわけで、記念すべき無印良品コラボは、植田さんの優勝で無事!幕引きでございます〜〜〜!

次回のテーマは「最後の晩餐」

さぁーて、次回の「ベガ弁!」は!なんの脈絡もないですが「最後の晩餐」をテーマにお弁当を作ります。

人生最後の日、あなたは何を、食べたいですか?

主演:竹内涼真、吉高由里子 ___みたいな邦画を想像してください。そんなお弁当を作ります!

ではまた次回、お楽しみにー☆

【無料進呈中】ビギナー必読の家づくり読本
設計者から、あなたの予想を超える120点の間取りを引き出す方法をお教えします。

メールアドレスを送るだけ。面倒な登録不要で無料プレゼント中です!

〈ご希望の方は画像をタップ!〉

この記事を書いている人 - WRITER -
塚本靖己
ベガハウス広報担当です。社内の取り組み、家づくりのお役に立てるような情報などを公開していきます。 ツイッターにてベガハウスの「中のこと」を配信中。肩のこる家づくり勉強の合間、息抜きにチラ見してください。街にあふれる「量産型マイホーム」でなく、あなたのために設計された「ただひとつの家」を手に入れられますように。 【上記ツイッターマークからフォローお願いします!】

Copyright© STAFF BLOG , 2021 All Rights Reserved.