家づくりに役立つ情報や、ベガハウスの取り組みをお知らせします。

家づくりビギナー必読のメルマガ、登録受付中

ベガ弁!-No包丁で手間なし弁当!-2022年8月大会

塚本靖己
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
塚本靖己
ベガハウス広報担当です。社内の取り組み、家づくりのお役に立てるような情報などを公開していきます。 ツイッターにてベガハウスの「中のこと」を配信中。肩のこる家づくり勉強の合間、息抜きにチラ見してください。街にあふれる「量産型マイホーム」でなく、あなたのために設計された「ただひとつの家」を手に入れられますように。 【上記ツイッターマークからフォローお願いします!】

なぁ〜つのおぉ〜わぁ〜りぃ〜〜。

と森山直太朗が唄う時節となりましたね。

このブログを読んでくださっているお母さんやお父さんの中には

「やっと給食がはじまったヤッホー!」

という方もいれば

「またお弁当が再開した〜泣ける〜」

という方、両方いらっしゃるのでしょう。

そんな悲喜こもごもの中、今回は後者の方に贈ります!

「大丈夫、お弁当は包丁なくっても作れちゃうんだよ」特集です〜!

「ベガ弁!」とは?

ベガハウスのスタッフが月1回お弁当を持ち寄って、誰が一番のお弁当上手かを競う、それが「ベガ弁!」です。

毎回テーマを設けて、スタッフ全員でお弁当をつくっています!

ベガ弁!の審査基準

毎月のテーマに対して、「テーマに合っているか」「彩りはきれいか」「栄養のバランスは?」などの観点から総合No.1を決めます。

前回からシン・審査方法

句会スタイル

を取っております。

具体的にはこうです↓

①参加者全員のお弁当を匿名で集め、テーブルに並べる。
②参加者全員で品評。どれか2つに投票。
③得票の多かった上位3名を表彰
④上位3名に投票した人が、良かった点を寸評。
⑤全員で記念写真を撮って終わり。

どうですか、ピースフルでしょう?風流でしょう?最後の記念写真が、なんとなし締まった感じがしてイイです。

そして!

読者の皆様からの投票もお待ちしています!
ブログの最後にあるアンケートから、ぜひご投票ください!

↑クリックするとアンケートに飛びます。
※次回「ベガ弁!」にて投票結果を発表いたします。

ちなみに前回の読者アンケートで最多得票を得たのはこの方!

「何しよっと?ナンつくっとーと弁当」を作りました
ディレクター榊原さんです〜おめでとう!彼女にはミニ賞状と誉(ほまれ)が贈呈されます〜。

今月のテーマは「No包丁」

冒頭でも少し触れましたが今回のテーマは「No包丁」。包丁を使わずにどこまでやれるか!?に挑戦します!

「本当に使ってないの?」という意欲作「いや使ってんじゃん!」という本末転倒のお弁当まで登場します!ぜひ皆さんもツッコミながらご覧くださいー👇

全14個!お弁当いっきにご紹介

アフター担当・坂元さん
「チャチャとオムライス」

トップバッターは我が社の問題児おじさん、坂元さんです。

チャチャて。チャチャッとでしょ。
チャチャだと勝俣州和率いるアイドルグループなんで。

CHA_CHA

お弁当自体はいい感じです。中のチキンライスの出来を見てみたい。ケチャップが石原さとみ系のくちびるみたいで情熱的です。


広報・塚本
「10分完成!ツナ味噌まぜうどん弁当」

つづいて私、塚本です。

私は出来ばえよりもスピード!いいですけ、大事なことだからもう一度いいます!

出来ばえよりもスピード!

冷凍うどんをレンチン!ツナ缶を味噌ダレで炒め煮!きゅうりをスライサーでシャ!目玉焼きジューで10分!2年半ほどベガ弁をやってますが、

間違いなく最速です!

そこっ!出来ばえには触れないっ!


ディレクター・渡邊さん
「私のオムライス弁当」

おっとー。
坂元さんとカブっちゃいましたね〜かわいそうに。

オムライスの配置から副菜まで似通ってしまって、まるで親子。

ケチャップですが、何か描きたいものがあったらしく、写真を撮る前にしばらく練習していました。でも「あー!無理!」つって最終的にうにょうにょ〜って描きました。

ほんとは何が描きたかったのか気になる……!


テクニカル・植田さん
「炒めてのせただけ。シャケ西京焼き弁当」

腰痛のためおじいちゃんの角度の植田さんです。

「え!?今日ベガ弁でしたけ?」

そうだよ。

「ぅわっちゃ〜……何も考えずに作った、いつもの弁当はあるんですけど」

だめでしょ。テーマにのっとって〈No包丁〉でないと。

「No包丁……いける!

今日のお弁当は包丁使ってません!」

うそでしょ、そんなシンクロニシティあんの?……確かに使ってなさそう。でもこれ高校球児のそれじゃん……まぁよしとしましょう。早く腰を治してね。


テクニカル・中西くん
「彩り満点 アクアパッツァ弁当」

お、圭三こと中西くんでございます。実は個人的には圭三より哲生(てつお)世代なんですよね〜ウイイレで解説してた。だからホントは圭三じゃなく哲生!と呼びたい。

全然関係ないのでお弁当の話に戻ります、今回のアクアパッツァ。実は中西くん前日に釣りをしていて、その釣果でもってアクアパッツァを作る予定だったんだとか!

残念ながらあんまり釣れず、買ってきた鯛で作ったそうですが、どうですかこの出来ばえ!良きですなぁ〜次は釣ってきたやつで振る舞っていただきたい!


テクニカル・田村くん
「包丁って偉大だったなぁ
サケフライ弁当」

今大会、スタッフの中には

「テーマのしばりが弱すぎて何を作ったらいいか分からなーい」

とのたまう連中もおりましたが、オタムリンは包丁の偉大さを痛感したもようですね!スライサー、キッチンバサミなどで、ざっくり“切る”ことは出来ても、思いのままの大きさに切るとなると包丁がやっぱり便利です。

しかし!だからこそ包丁を“あえて”手放すことで手間を掛けずに料理ができるのです!いいよオタムリン!お弁当はこのくらいが美味しそうで満点💯(オタムリンて何……)


ディレクター・上大川さん
「男気弁当」

なにカミオ。その表情。

どういう感情なのよ。泣いてんの?

「笑ってんすよ!精一杯の笑顔ですよ!」

ふぅぅぅむ。それはいいとして“男気”って?スイカ以外女子じゃん。なぁんか勘違いしとりゃせんか?

あ?

「そのスイカっすよ!食べるときに

角材でもって叩き割ってやろう

と思ってます!」

サイコ。それは男気でなくサイコやわ。


テクニカル・桓本さん
「ちぎって かけて あえてみました」

いや桓本さんまで何?

あんたは普通に笑えるでしょうに。

ブラマヨ小杉の座りのいい顔を目指してみたんだけどね」

だとしたら大失敗すね。どっちかっていうと巨匠の岡野っぽいよ。

元巨匠・岡野

……ちょっと小ネタが多すぎますね。ペース上げていきましょう!あ、お弁当は美味しそうっす!おしゃっす!


テクニカル・白澤さん
「悪魔のネギ豚丼」

悪魔?……あ!あれだ!悪魔風(ディアブル)だ!サンジの技であるもん!そうでしょ?

「……ONE PIECEすか?関係ないですけど」

え、じゃぁ何が悪魔なの?

「ネギが大量にかかってて悪魔っぽくないですか?」

悪魔感の違い!白澤さんの中の悪魔ってネギを身にまとってるの?ネギの話ならすごく〈ばってんラーメン〉ぽいよ!

ばってんネギ豚丼だ!


アフター担当・宮川くん
「スタミナ満点!!!豆腐ハンバーグと麻婆春雨弁当」

宮川くんはキャラクターとして完成されてるよね!

水木しげるの漫画

に出てきそうだもん!出てきたもん!

そんな宮川くん、今回V3がかかった大事な大会です!主役級のおかず2品でボリューム満点!
誰も成し遂げられていない3大会連続優勝なるか?!


設計・織田さん
「後巻卵焼き。肉ニラ巻き焼き。」

「切る」を封じられたODAが選んだ調理法、それは巻く!

巻いて巻いて巻きまくる!薄焼き卵は鮮やかな黄色だし、肉巻きはテリテリでうまそじゃないですか。仕事では時間を巻き、お酒を飲めばくだを巻く!それが我らがODA!


総務経理・山田さん
「夏の定番!!つるっと豚しゃぶそーめん」

巻き友達。マキトモ。山田さんはきゅうりと人参をまきまきしてます。

そうめんが1mmも見えない

ですが涼やかで美味しそうですね!温泉卵の白身があっちゃこっちゃに付いてるのが……

「やっぱ気になります?撮影直前に置いたのですが、具材の上をトゥルルル〜と移動しちゃって」

笑 そうなんすね。でも全然許容です!残暑厳しい毎日ですから9月もつるっと乗り切りましょう!


プランナー・長田さん
「また地中海の風ニョッキ&キッシュ」

ニョッキ&キッシュね。普通にうまそうです。長田さんこれさ、キッシュさ、すごい綺麗にカットしてあるけど何で切ったの?下敷き?

「あ……!」

あ?

まさか 怒

「ごめーん、お弁当箱に入れるときに、なんにも考えずに包丁で切っちゃった。えーー超ショック!

いやこっちのセリフだから!長田さん失格!


ディレクター・榊原さん
「スープでいただく焼きおにぎり」

……投げたな。

「投げてないですよ!」

投げてるやん!焼きおにぎりて!文字どおり匙(さじ)投げてるやん!

「いやいやいや!シンプル・イズ・ベストです!No包丁でここに行き着いたんです!それにスープに入れて食べるので匙使いますから!」

むぅ……。

ああ言えば上祐!

投票にて、みんなに決めてもらいましょう!

谷さん、なに作ってるの?のコーナー※読み飛ばし可

取締役・プランナーの谷です!

「撃てぇぇぇえええ!!」

うるさいうるさい。
前回で審査方法も変えてリニューアルしたけど、谷さんは今まで通りお弁当作らないのね?

「はいっ!」

気持ちのいい男だっ!でもテーマは守ってもらうよ。谷さんは「No包丁」でなに作るん?

「この小型バズーカを見て分かりませんか?今回作るのは……」

しんた。

「心太(ところてん)です!」

……メシなの?ところてんは腹の足しになるの?

「十分です!始めましょう!」

「材料はこのテングサのみ!」

まじ!?シンプル・イズ・ビューティフル!

「これをグツグツと煮込みます……」

地獄の風呂釜みたいな絵面ですね……

「その風呂釜見たことないですけど……沸騰したらお酢を加えてさらに煮込みます!」

「十分煮たら濾しまして、冷蔵庫で冷やし固めます」

どやー

「固まったものがこちらっ!」

色が濃いっ!ところてんってそんな色でしたっけ?ぶどうゼリーよりも濃い紫ですけど。。。

「これを突き棒に入るサイズにカットして」

ぬぬぬぉい!No!包丁やぞ!

「あ」

あ、じゃない!

「見てくださいシンデレラフィットですよ!」

そのサイズに合わせて切ったやん。シンデレラ読んだことないんか。

「いよいよ突きますよ!」

「そりゃぁぁぁぁああ!」

ずりゅ。ずりゅりゅ。

「……ん……ん?思ったより硬い。」

……なんか気色悪いよう。谷さん、もっと一気にシュルルルル〜っと出してよう!

んにゅ、んにゅにゅにゅ〜ビチビチ

「んぎ、んぎぎ、ぃぃいい〜!」

ボコボコにやられたときの悟空みたいな声出てるよ!そしてより一層気持ち悪いよ!

「ふぃ〜。なんとか完成です!」

なんか、最初から最後まで思てたんと違いました。

「まぁでも完成しましたから。」

「いざ実食!」

「…………」

無!?

谷さん今、食べましたよね?

「食べましたよ」

まずかったんですか?

「いや、うまいです。食べます?」

はい。……うん!うまいっ!
なんなら今まで食べてきたところてんの中でNO.1ですよ!
なんすかその顔!

「いや、僕、そもそもところてん、あんまり食べないなって」

なんだんねんっ!

ようやく審査開始!

お弁当紹介と谷の茶番が終わったところで、いよいよ審査に参ります!

14個もお弁当が並ぶと壮観ですね!

「これ完全に包丁でしょ!」
「角材でスイカは割れないよ!」
「No包丁って、言われなきゃ分からない!」などなど

喧々諤々いうております。

投票はひとり2票まで。気に入ったお弁当に付箋をペタっと貼っていきます。

……さて、投票がすんだようなので、表彰に参りましょう!

第3位は!

テクニカル・桓本さん〜!

おめでとうございます!さて、投票者に一言いただきます。広報・赤﨑 from トーキョー!

「え、私ですか?ヤです。」

So CoooooL!
そんなこと言わずに一言ください!

「ん〜〜、包丁だけじゃなくて刃物を一切使ってないっていうので、一番テーマに合ってたと」

YES!Thank you〜!

続いて2位!
経理・山田さん!

2大会連続のトップ3入りおめでとうございます!

こちらのお弁当、どんなところが良かったですか?ハイ、宮川くん!

「はい!きゅうりをクルクル巻いたのが可愛いし、彩りもきれいで一番“夏”を感じました!」

そうですね!この大会

実は8月4日に開催

してるもんね、夏だよネ☆

そして今回の優勝は……
テクニカル・中西くん!

入社から優勝まで、わずか4大会で駆け上がりました!

これは最速記録ですよ!

「私、あさり嫌いなんですけど、食べてみたい!と思うくらい美味しそうでした!」

「鹿児島港で釣ってきたというところで、鹿児島県釣り人協会の組織票を得たんじゃないでしょうか」

なにを言うとるんだ君は。

しかも中西くん、釣れなかったんよ。漁港で買っとるんよ。

取締役兼プランナーのドン長田より、表彰状の授与です。そして!

あの弁当の名前を、僕たちはまだ知らない。

全員で記念撮影です〜。

なんでしょうか、私はこの記念撮影に青春みを感じて、勝手に切なくなったり……。とにかく、

いい。

と思ってます。締まった締まった!

そして、皆さまからの投票もお待ちしています〜👇

今回の読者アンケートはこちらから↓

次回のテーマは「山下商店コラボ」

さぁーて、次回の「ベガ弁!」は?

「山下商店コラボです!

豆腐屋さんから始まり、特産品の加工やお宿、パン屋さんなどなど、甑島の発展に欠かせない存在であるばかりか、地方コミュニティ活性化という面でも全国から注目される「山下商店」。

その「山下商店」が手掛ける加工品4商品を使って、お弁当にアレンジします!

お楽しみに〜♪

ベガハウス_暮らしを建てる
鹿児島で家づくりならベガハウス

ご家族一人ひとりに寄り添い、豊かな暮らしを創造します。

〈まずは実例集をご覧ください〉

この記事を書いている人 - WRITER -
塚本靖己
ベガハウス広報担当です。社内の取り組み、家づくりのお役に立てるような情報などを公開していきます。 ツイッターにてベガハウスの「中のこと」を配信中。肩のこる家づくり勉強の合間、息抜きにチラ見してください。街にあふれる「量産型マイホーム」でなく、あなたのために設計された「ただひとつの家」を手に入れられますように。 【上記ツイッターマークからフォローお願いします!】

Copyright© 暮らしのBLOG , 2022 All Rights Reserved.