家づくりに役立つ情報や、ベガハウスの取り組みをお知らせします。

家づくりビギナー必読のメルマガ、登録受付中

ベガ弁!-最後のごはんは贅沢or質素、どっち派?-2021年3月

塚本靖己
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
塚本靖己
ベガハウス広報担当です。社内の取り組み、家づくりのお役に立てるような情報などを公開していきます。 ツイッターにてベガハウスの「中のこと」を配信中。肩のこる家づくり勉強の合間、息抜きにチラ見してください。街にあふれる「量産型マイホーム」でなく、あなたのために設計された「ただひとつの家」を手に入れられますように。 【上記ツイッターマークからフォローお願いします!】

2021年にして、当然のような顔で『SEX AND THE CITY』にハマっている広報・塚本です、こんにちは。スキッパー最高。

前回の無印良品コラボ回、ならびに無印良品マルヤガーデンズ店で開催されたパネル展、楽しんでいただけましたか?

天下の無印店内に並ぶ、工務店スタッフの弁当(勝ち組)

正直、この回でやりきったと言うか……。燃え尽き症候群な感じでしたが1カ月なんてすーぐ過ぎちゃうもので。

気持ち入れ替えて3月もやりますよ!ベガ弁、わっっっしょーーーい!
(ってもう4月ですね。更新遅れてすみませーーーーん!!)

ベガ弁!とは?

月に一度、スタッフが弁当を持ち寄って、誰の弁当がNo.1かを競う、それが「ベガ弁!」です。毎月テーマを設けて、「テーマに合っているか」「彩りはきれいか」「栄養のバランスは?」などの観点から総合No.1を決めます。

審査は、現役ママでもある弊社のスーパーパートOさん!その激辛批評は「瞬獄殺」の異名で恐れられるほどです(私調べ)

今月のテーマは「最後の晩餐」

「晩餐」と付いていますが“夜ごはん”ということでなく、

「ねぇねぇ、今日死ぬとしたら何食べたい〜?」

という、小4の昼休みみたいなバカっぽいノリです。さて、どんなん出るかな〜?

お弁当、発表ー!

テクニカル・石亀さん
「贅沢バターライスと二日目のカレー弁当」

先陣はやはりイケメンに切ってもらいましょう!ブログの離脱率も下がるってもんさね(ゲス)。

ベーコン、目玉焼き、キーマカレー(じゅるり)!いいですね、素晴らしいですね!さらにこのお弁当のポイントは、現在北海道にお住まいのお施主さんからいただいた

“北海道・赤井川村 山中牧場のプレミアム発酵バター”

がご飯に乗っかっていること!……実はこのバターを使っている人がもう一人。

テクニカル・山野さん
「最後に食べたい我が家弁当」

はいー山野くんですね。あさりご飯の上にじゅわっとバターがとろけております。

前回優勝の植田さん“お施主さんとのつながり”を評価され優勝したもんだから、それに習った攻め方ですね!PDCA回してるぅ〜〜!

ただね、山野くん。君、肉じゃが作りすぎ。どんなテーマでも肉じゃが放り込んでくる感あるよ!

経理・福迫さん
「やっぱりおにぎり!華やかおにぎりと鯖味噌・豚汁弁当」

“どんなテーマでも同じ”を異次元のレベルで達成しているのが福迫さんです。

どんなテーマでも自分の土俵に誘い込んで、圧倒的な完成度で何も言わせない。まさに横綱相撲!

今回も、いつものお弁当が150%増しで豪華になっただけ……なんですけど!こんなに美味しそうなお弁当に文句言えます?いや言えない!

設計・小斎平さん
「最後はシンプルに おにぎりとシャケと卵焼き」

「独自の世界観持ってる」といえばこの人も忘れちゃいけません。

素敵すぎる笑顔と素朴なお弁当に、私の心は1年以上ロックされっぱなし!メロメロ!

鮭の長さ、ウインナーの配置、絶妙。卵焼きの量も「めっちゃ卵焼き好きやーーん」ってなるしもうメロメロ!

広報・塚本
「原点にして頂点!満腹で成仏したいゼのり弁」

さて、そろそろ私めをば。今回の「最後の晩餐弁当」、ざっくり“質素派”か“贅沢派”かに分かれるんですが、私のはザ・質素。

のり弁

です。ただ、のりが見えないくらい具だくさんになりました。一番のポイントは新玉ねぎの手作りタルタルソースです!

のり弁の持つ魔力、あれは男性限定なんでしょうか?スーパーでのり弁を見ると買わずに要られません!

アフター担当・坂元さん
「学生時代を思い出す シャケ弁当」

とっっっっっっっっても不本意ながら

私と坂元さん、かぶりましたね。ちっ!
こちらも質素の代名詞、シャケ弁でございます。しかもなんか美味そう。

いつもなんかトンチンカンやってる坂元さんのくせに!美味そう!悔しいですっっ!

テクニカル・植田さん
「魚を食して終わりたい 手毬寿司弁当」

2つ、もっさりした弁当が続きましたので、シャープな贅沢派代表をお呼びしましょう。植田さんです。

手まり寿司っすよ!ビジュアルも味もキマってるぅ〜。さすが男性陣最多優勝を誇る植田さん。……でもコレ、どうせあれでしょ?奥さんのアドバイスもらってるでしょ?

「いえ!今回はほぼ私だけで考えましたよ」

ほほぉ〜。つまりこれで負けたら、これまでの優勝はやはり奥さんのチカラということになりますね(ニヤリ)。結果がたのしみやで。

ディレクター・榊原さん
「最後はやっぱりいつものお弁当」

男性陣が続いたので、次は女性陣に参りましょう(チャンネルはそのまま!)

“ベガハウスの孫”こと(私しか呼んでない)サカキのお弁当……一見普通のお弁当ですが?

「お母さんがよく作ってくれたお弁当を思い出して作ったんです」

孫!孫よ!泣かせるじゃないかぁ〜。
お母さ〜〜〜〜ん!読んでますか?あなたの娘は社会に出てもまっすぐ育ってますよ(涙)

設計・赤﨑さん
「これがわたしのお弁当」

PUFFYじゃないんだからっ!(30オーバー限定のツッコミ)

……というわけで、霊長類最強“弁当”女子、赤﨑さんです。こちらも、とてもシンプルなお弁当!

唐揚げ、ミートボール、ナポリタン、卵焼き。好きなおかずだけをギュギュギュと詰め込んだ、王道こそ最強!という仕上がりですね!

量が3倍あったら私もこのお弁当がいいです。

テクニカル・桓本さん
「ありがとうカツカレー 私の人生お疲れー弁当」

ボリュームの一点突破なら彼でしょう。桓本さんのカツカレー!

人生最後、それがあったわーーーー!って感じです。忘れてました。

「桓本先生……!!!……カツカレーが食べたいです……」

って言ったら一口くれるでしょうか?食べたい。

テクニカル・日置さん
「最後こそ豪華に、至福の弁当を!海鮮チラシ弁当!」

さて、この調子で大食らいの弁当を見ていきましょうか。

日置さんは、海鮮丼か!!いいね、豪快&豪華だね!

「兵庫名産のくぎ煮もチラシてますから!そのへんもちゃんと見てくださいよ?」

うん、まぁ伝えるけど、評価するしないは審査員のOさん次第なんで(キッパリ)!

ディレクター・清水さん
「懐かしのエブリワン スパムおにぎり弁当」

大食らい同率一位しみちゃんはどうかな?……ん、これは?

「スパムおにぎりです!昔、会社の近くにエブリワンがあって、そこのスパムおにぎりが忘れられないんです!」

……

「ん?なんすか?」

うん……いや、美味そうなんだけど……。

いや、やっぱり審査のときに言うわ。

「怖っ!絶対悪口じゃん!」

ディレクター・上大川さん
「好物は塩おにぎりです弁当」

次は小食らいのカミオさん、どうですか?……ってなに泣いてんの?

「泣いてないです!笑ってんですよ!」

あ、それは失礼しました。んで、カミオさん、「好物は塩おにぎり」なのに、なんかレンコン乗ってますよ?

「塩おにぎりだと絵的に地味かな〜と。レンコンも白なんで結果、地味さは変わらなかったですね」

そうね。で、美味しいの?

「さぁ?」

ぬおい!最後の晩餐ぞ!

美味しいかどうかも分からんもん入れてこないで!

テクニカル・田村さん
「白ごはんの親友 豚の生姜焼き弁当」

男子イチ小食らいの田村くんは……おぉ!?意外にもわんぱくご飯だね。

人参の飾り包丁とかも頑張ってるし、繊細さと豪快さが同居する男って感じ!

「今回も、無印の冷凍食品“彩り野菜とひじきの煮物”を入れてきましたよ!」

や、それは単純に前回の余りでしょ!むしろマイナス評価だわ!

設計・織田さん
「300年前から決めてました! 牛丼一筋弁当♪」

ほぇ〜、織田さんは牛丼ですか、これまた意外!半熟卵にキムチまで付いて豪華ですね。

「ふふふ、このビジュアルを見れば、もう説明不要。言わずもがな、ですよね。」

キン肉マン……ですか?

「そうです。」

はぁ……え?

「え?分かりませんか?キン肉マンって言ったら牛丼音頭でしょ!」

……牛丼……温度……?

「何度ですかそれは!何度だったら牛丼なんですか!……もういいです。」

あ、なんか。なんかすみません。

プランナー・長田さん
「勝手に作ってきたよ♪サムゲタン」

最後は長田さん。っていうか、今回は審査員なので作って来なくてよかったんですが、作ってきてくれました!

そして誰よりも笑顔 a.k.a 爆笑!

いつもなら、サムゲタンはスープじゃないか!と。弁当の大会やってんだこっちは!と。叱りつけるところですが、まぁ、めっちゃ楽しそうなので良しとします。

谷さん、何つくってるの?のコーナー

さぁ!弁当の紹介の次は

読み飛ばしを運営が推奨

しているこのコーナー!プランナー谷さん、何つくってるのーー?

「はーい!今日はこれを使っていきますよ!」

「現在北海道にお住まいのお施主さんからいただいた“北海道・赤井川村 山中牧場のプレミアム発酵バター”に……」

え……デ・ジャ・ヴ?

現在進行中の〈かえるすたいる〉山田さんの塩と醤油、

有機野菜を生産している“寿山”の醤油粕です!」

おぅおぅおぅ、全乗っかりしてきたな!“お施主さんとの繋がり&生産者の顔が見える食材”という、植田さんの手法に!

優勝の可能性なんて1億ミリもないくせに!

「まずは土鍋で米を炊いていきます。氷を中央に入れるのがポイントです」

え、白米?

「白米です」

不安しかねぇ……!続きを見てみましょう。

待つこと30分後。

「むほー、ツヤッツヤに炊きあがりましたよ!」

うん、それで?

「ここにバターひとかけ、醤油ひとたらしで完成です!!!」

谷のズボラ飯!!!

貴様それを料理と呼ぶのか!?みんな毎月ガチガチに頑張ってるんだぞ!

「んふ〜〜♪うまっ!塚本さん、そういいますけど、めちゃうまいですよ。食べます?」

えっ?……まぁ、食えと言われれば食うけど。いや分かってるよ?バター醤油ご飯が美味いのは。でもそれをここでやるかって

ぅうんまっ!

悪魔に魂売れるレベルでうまいね!バターも醤油も本物だからこその美味さだわ。

今日はお施主さんに免じて勘弁するけど、次回はちゃんと料理するんだぞ!っていうか弁当持ってこい!

ここから本番!審査会スタートです

社長!お待たせしました。やっと全ての段取り完了しました、審査お願いします!

「うーん、今回難しいなぁ。僕の食べたい感じのがない」

ちなみに何が理想なんですか?

「白米

あ……

「なに?」

いや、何でもありません(谷さんのことは墓場まで持っていくぜ)

「これっ!これが、この中では一番理想に近いかな」

あざす!社長賞は坂元さんです!

でこぼこ姉弟って感じやな

続いて本審査に参りましょう。今回の審査員はスーパーパートOさんに加えて、プランナー長田さん、テクニカル白澤さんの三人で行います!

ズビーっ!

まずはファーストインプレッションで個人賞いきましょう。せーーーのっ!!

Oさん賞、福迫さん!

長田さん賞、塚本!……まじ?!わーーーい!

白澤さん賞、日置さん!

さぁ、そのまま激辛寸評タイム、いざ参る!

O「ハイこれ清水さんですね。またやってますね。ミスターレモン。」

長「レモンやってりゃいいってやつね!」

しかも一人だけ国籍違うんですよ。

死ぬ前にハワイアン食べたいってどういう心境?

長「だし、私はなしです。なんか盛り付け方かなぁ?美味しそうに見えない」

おぅ、直属の部下に厳しいね。

長「コレ、なんですか?肉?……肉巻きの余った肉、焼きましたってこと?隙間ができたから詰めました感がありますねぇ」

O「それならこれも!

スペースあるだけ卵焼き詰めました

って感じじゃないです?」

どんだけ卵焼き好きなんだ!って思いますよね 笑 まぁその感じもかわいいんですけど。ラブ。

O「カツカレー……うん、いいんですけど。

死ぬ前に胃もたれしたくないなぁ

ぬぅ、私としてはその胃もたれも含めて幸せです!

最後にお寿司っていいですよね!でも手まり寿司は……ふわっと口の中でほぐれる握り寿司がいいです。

白「僕はこのちらし寿司ですね!めちゃめちゃ豪華やし。これをガガガッ!と口にかき込んで……

かっこみ死にしたいです!」

なにその世界一ダサい死に方!いや?もしかしたら世界一幸せか?

O「……うーん。」

白「だめですか?」

O「ダメじゃないけど、豪華って言いますけど、

これ具材を切っただけですよ?

トントントンーっつって

身もフタもねぇ!ついでに愛もねぇ!

長「あ!ねぇこれ!明太子じゃない?」

O「ほんとだ!でもなんかもったいないですね、他のおかずに埋もれちゃって」

長「しかも普通、切って断面見せたりしません?これじゃ人の指みたいで……」

O「そうですねぇ、土の中から這い出したみたい!こう……

親指と小指からズワァァァ!って

ズワァァァ!

どういう発想ですか!

じゃぁそろそろ優勝決めましょうか。……決まります?だいぶ散らかりましたけど。

長「あ、いや、私は最初からのり弁って決めてるので。揺らぎません」

お!?ドクターXみたいな肝の座り方やな。

O「うん、なんか私ものり弁がいい気がしてきた。」

なんと!白澤さんは?

白「お二人がそういうのであれば……」

マジ!?じゃじゃじゃ、いいですか?

しゃきーーーーん!

今回の優勝は私!TSU・KA・MO・TO!塚本です!

「ベガ弁!」1年半やってきて、ようやっと初優勝じゃーーーー!!!

あぁ〜思ってたより嬉しい!まじでこの大会、

優勝しないとただただ傷つくだけ

の大会なので。次回もシャカリキがんばります!

次回のテーマは「ピクニック」

さぁーて、次回の「ベガ弁!」は。

4月、新入社員と新審査員を迎えて行う次回のお題は、春らしく「ピクニック」です!

天気が良ければ、みんなで外で食べたいなーと思ってます☆

しかも、なんか?某テレビ局が?ベガ弁の?取材?に来るとか来ないとか!

その辺の情報は、私のツイッターにて発信していきますので、ぜひぜひフォローお願いします!

ではまた次回、お楽しみにー☆

【無料進呈中】ビギナー必読の家づくり読本
設計者から、あなたの予想を超える120点の間取りを引き出す方法をお教えします。

メールアドレスを送るだけ。面倒な登録不要で無料プレゼント中です!

〈ご希望の方は画像をタップ!〉

この記事を書いている人 - WRITER -
塚本靖己
ベガハウス広報担当です。社内の取り組み、家づくりのお役に立てるような情報などを公開していきます。 ツイッターにてベガハウスの「中のこと」を配信中。肩のこる家づくり勉強の合間、息抜きにチラ見してください。街にあふれる「量産型マイホーム」でなく、あなたのために設計された「ただひとつの家」を手に入れられますように。 【上記ツイッターマークからフォローお願いします!】

Copyright© 暮らしのBLOG , 2021 All Rights Reserved.