家づくりに役立つ情報や、ベガハウスの取り組みをお知らせします。

家づくりビギナー必読のメルマガ、登録受付中

ベガ弁!-弁当は箱が9割?-2021年5月

塚本靖己
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
塚本靖己
ベガハウス広報担当です。社内の取り組み、家づくりのお役に立てるような情報などを公開していきます。 ツイッターにてベガハウスの「中のこと」を配信中。肩のこる家づくり勉強の合間、息抜きにチラ見してください。街にあふれる「量産型マイホーム」でなく、あなたのために設計された「ただひとつの家」を手に入れられますように。 【上記ツイッターマークからフォローお願いします!】

ぬぉい!エイダンと復縁とかマジかよ!

無理しながら付き合っても続かないって〜(アチャー)……というわけで、今さらSATCにどハマリ継続中・塚本です。シーズン4の第6話です。スティーブ最高。

さ!そんなことよりベガ弁です(キリッ)
今月もギリッギリになりましたが、5月のベガ弁、いってみましょー♪

ベガ弁!とは?

月に一度、スタッフが弁当を持ち寄って、誰の弁当がNo.1かを競う、それが「ベガ弁!」です。毎月テーマを設けて、「テーマに合っているか」「彩りはきれいか」「栄養のバランスは?」などの観点から総合No.1を決めます。

審査は、現役ママでもある弊社のスーパーパート隊!その激辛批評は「弁当界のおすピー」の異名で恐れられています(20代の方はググってね!)

今月のテーマは「タッパー頂上決戦」

あれはぁ〜、まだ寒さの残る2月のことじゃった〜。
無印良品とのコラボ企画のとき、マルヤガーデンズ店店長・白澤さんが、こう言ったんじゃ。

「お弁当箱が良いと、見た目3割増じゃないですか?」

ごもっともなご意見です。弁当箱も込みで審査対象ではあったんですが、

中身の出来だけで勝負ってぇのも悪かねぇ!!

というわけで、スタッフ全員に同じタッパーを支給しました(キャラが定まらなくてすみません)!

というわけで完全実力勝負!ジャンルや食材の縛りのないバーリトゥード!みんなどんなお弁当を持ってきたのかな?早速見てみましょう!

お弁当発表〜!

アフター担当・宮川くん
「夏を先取り!ガパオライス弁当」

前回、KTSの密着取材付きで鮮烈なデビューを飾った宮川くん。

あのときは“母の味”にフォーカスした優等生なお弁当でしたが、今回は一転

ガパオライス

前回のはTV用で、こっちのガッツリ南国めしこそ宮川くんなのか!そのほうが体型的にもしっくり来るね。


テクニカル・山野くん
「魚介味噌スープと野菜たっぷりつけ麺弁当」

山野氏!
これは一体何ですか?サラダ?

「違いますよー。この下にうどんが入ってるんです」

うどん。へぇ。汁物をタッパーに入れるとは勇気あるね。

「や、別にスープを持ってきてるので、つけ麺みたいに食べるんです!」

は?

「え?」

今回はタッパーの大会だから、それ以外の器使っちゃだめでしょ!

「ちょっともですか?」

ちょっとも!だめっ!


設計・赤﨑さん
「サラダパスタ」

おお!赤﨑さんも麺類・パスタですか!いつもより大胆なお弁当ですね!

「タッパーがテーマなので、ちょっとラフに。昨日の残りもの詰めてきた、みたいな感じをイメージしましたよ」

なーる。ラフさの中にもちゃんとコンセプトがあるんですねぇ〜。ほら!山野氏!

ちゃんと麺が見える余白も残しとるじゃろ?ラフだけどトマト、アボ、チー、鶏の並び、きれいじゃろ?こういうことだぞ!


テクニカル・白澤さん
「多葉弁当 」

んんん、白澤さんよく分からんのだが。まず、タイトルはなんて読むの?

葉が多いと書いてタッパ。つまりタッパー弁当です!」

おおお、淀みなく言い切ったが、あんまり葉っぱ入ってなくない?

「いやいや!まずご飯にパクチー混ぜこんでるし、ハンバーグとお魚も香草焼きですよ!」

そうですか……

「そうです!」

(ちょ……なんか圧が怖い……)


テクニカル・田村くん
「ノリ弁!」

たっむけーーん(助けて)!

たむけんは、まごうことなきのり弁ですね!

……ん?……あれ?なんか足りない気がする。

あ!あれだ!魚フライがない!魚フライがないのり弁なんて、

ビッグのいないSATC(Sex And The City)みたいなもんだよ!

ビッグ。いい顔してる〜

あ、すみません、取り乱しました〜


ディレクター・榊原さん
「テリヤキインパクト」

さっかきー!君はどぎゃんね?どぎゃん弁当を作ってきたとね?

「……福岡バカにしてます?」

え、いや、すみません取り乱しました。
タイトル通りインパクト抜群のお弁当〜!照り焼き一枚肉ドーンが食欲そそるやつ!

器がタッパーだから、これくらい大胆な方がピタッとくるのかも?


テクニカル・植田さん
「揚げ弁当」

いや!
いやいや!

大胆な方がタッパーっぽいって言っても、これは大胆すぎでしょ!白飯の上にチキンカツとポテトサラダみっちりって。

長距離ドライバー用じゃんこれ

「……長距離ドライバーはお嫌いですか?」

そうじゃないけど、むしろ好きな方々ですけど。植田さん長距離ドライバーじゃないし……「ベガ弁」というより「ガチ弁」ですね。


ディレクター・清水さん
「いつものお弁当」

しみちゃんは……いつもの?これいつもの弁当?

「そうですよ。(ベガ弁以外の)普段は特大タッパーに詰めてくるので、その感じで作ってきました」

え?でもレモンが入ってないよ?

「僕がレモン入れるの“都会ぶってる”って毎回イジりますけど、あれベガ弁のときだけですからね!」

あ、そうなんだ〜エセシティボーイってことだったのねぇ〜

「うん、まぁ、うん。そうなんですけど、他に言い方ないすか?」


広報・塚本
「鬼切らずんば優勝を得ず弁当」

はい、そして私です〜。

今回は、これまで意外と誰も作ってなかった“おにぎらず”で勝負です!さらには

あるお施主様からいただいたピーマン

を使ったピーマンの肉詰め!をメインおかずにしております。いいですか?お施主様からいただいたフレッシュピーマンですよぉ〜


設計・織田さん
「10種のお野菜の地中海弁当」

「歩く体内環境正常化」、織田氏です。今回は10種の野菜ですよ!私は一日トータルしても10種食べてません_汗

しかもがですよ?炭水化物はパスタがちょろっと。お肉的なものは蒸しエビのみ。やばいです。織田氏の革命、まじストイックっす……!!

ホントはこうありたいんですけどね。お昼がこのお弁当だと、3時にマックに駆け込んでダブチー注文する自信があります(デブ)!


兄妹、と言われればそう見える。

およ?

お二人さん、どうしましたか?揃って弁当持ってくるなんて珍しいですね。

石亀「それがですね、中身が完全にかぶっちゃったんですよ」

えぇ!?頭脳派・石亀さん、感覚派・上大川さんの

初期・相棒

みたいな二人の弁当がかぶる!?

テクニカル・石亀さん
「タッパーからチラ見え!幸せのパエリア弁当」

石亀「残念ながらそうです……上が僕のお弁当です。で、下に上大川さんのお弁当出しますよ。はい、ドン!」

ディレクター・上大川さん
「ご褒美パエリア弁当」

むむむ?料理が同じなのはもちろん、エビ、卵、レモンなど素材もかーなりかぶってます!

気になりますねぇ〜(右京調)これは、上大川さんがかぶせてきた疑惑ありますよ?

上大川「な??失礼な!まったくの偶然です_怒
だいたい、『エビ一匹まるまる入れてきて』って言ったの塚本さんじゃないですか!」

あぁ、じゃったねぇ。でも私がリクエストしたのは“伊勢海老”だけど。

上大川「それは無理でしょ!」


経理・小原さん
「私の好物おかず弁当」

「今回は料理に縛りがなかったので、自分の好きなものだけを詰めてきましたよ〜」

ふんふん、あ!小原さんまた、ちくわを切ってからきゅうり詰めたでしょ!

「んふふ、バレました?」

バレますよ!ちくわの中に細切りきゅうりが何本も差し込んでありますもん。

こんな面倒くさいことしませんよ、普通。

「ですよね〜なんか間違っちゃったんですよねぇ〜んふふ」

(あ、この人、次回もやるな……)


アフター担当・坂元さん
「脂質控えめ弁当」

前回は体調を崩してベガ弁欠席だった坂元さん。
それから色々ありまして、体重を3kg落として帰ってきました。……大丈夫です?普通に心配ですけど。

「大丈夫、元気ですよ!普段の食事の“脂質”を抑えるようにしたんです。そしたらあっという間にストンと3kg落ちました!これからが坂元勝一第二章スタートです!」

おぉぉぉ……。それはそれで不安ですね。とにかく元気になってくれて何よりです!


経理・福迫さん
「酢飯&サラダで夏のサッパリ弁当」

んまーー!
相変わらず素晴らしい彩りで!タッパーだと余計に、福迫さんの弁当の完成度が際立ちますね。

「今年はとっても早い梅雨入りだったでしょう?なので、五目ちらしとサラダのさっぱりした夏向けのお弁当にしました」

いい!季節感の先取り素晴らしいです!


プランナー・長田さん
「うきうきビビンバ弁当」

うし、あねご、出番でっせ。

「あねごて。私、つかもっさんより年下ですよ?」

まーいいじゃない。で?ビビンバね!なぜにビビンバですか?

「え?好きだからです」

……え、終わり?なんかもっとアピールしなさいよ!

「え゛〜!?いいじゃん、好きなものは好きなの!」

だみだこりゃ。すんません、うちのあねご、口下手なもんで。


テクニカル・桓本さん
「ウナベン」

最後に控えますのはミスターエンゲル係数!困ったときはカネで解決!桓本さんです!

「いやそんなことないでしょ!一回海鮮ちらし作ってきただけでそこまで言わんでも!」

……でも今回はやっちゃってますよね?うなぎの蒲焼ですもんね?

「でも大隅産じゃないですから。中国産ですから」

そういう問題かなぁ〜。ま、うまそうなことに変わりなしですね!

谷さん、何つくってるの?のコーナー

以上でお弁当17個が出揃いました。が!このコーナーを楽しみにしている

変わった方

もいると聞いておりますので、この方をお呼びしましょう!

プランナー谷さん、何つくってるのーー?

「はーい。今月もいっちょ、やってみっか!」

はーい。悟空ですね。谷さん、こう見えてドラゴンボールが好きなんですよー。
で?何つくるの?

「今回はこれを使います!」

なになに?きょうにん……ってウソでしょ!“杏仁豆腐に”って思いっきり書いてあるよ!

「バレちゃいましたか」

書いてあるからね。えぇ〜作るもの分かったら、このコーナー終わりよ。

「え!」

だって「何つくってるの?のコーナー」だから。

「……その他の材料はこちら!クコの実とゼラチンと……」

おい!

「水、砂糖、ゼラチンを温めながら混ぜ合わせます」

こら!勝手に進めなさんな!

あまっ!

「ここで味見を……あまっ!」

ほぼ砂糖水だからな!

ただでさえ長いブログなんだから、無駄なカット使わせないでよ……

「で、ほぼ砂糖水のこれを、きょうにんそう、生ミルク、牛乳をいい具合に混ぜたものに流し込みます」

「タッパーに流し込めば、あとは待つだけ。」

どれくらい?

「6時間です」

6時間!

「待ちましょう」

6時間後(カッコー)

「むほー!これぞ誰もが夢見るビッグサイズ!“タッパー杏仁”ですよ!」

……プリンじゃない?みんなが夢見てるのってプリンじゃない?

世界一ムダなgifアニメーション

「くぅ〜!ぅんまい!どこぞの中華料理屋よりも数段濃い杏仁が爆誕しました!」

そっか。谷さんが幸せなら、それが一番よ。うん。

辛口審査会スタート!

さぁさぁさぁ!ようやっと審査開始です!
まずは社長賞の発表〜☆

ビシ!

「これ!」

おっ(笑)

「なになに?なんで笑うの?誰のお弁当?」

山野くんのです!ようやく師弟愛が通じ合ったなと思って_笑

「お!いいねぇ〜ようやく僕の好みが分かってきたかな_笑」

谷「ふふふ」

続いて、スーパーパート隊によるギロチン審査タイム!今回は谷さんにも参加してもらいます。

まずはファーストインプレッションによる個人賞発表!

せーーーーーーーのっ!

ズビーーー!

Oさん賞→榊原さん
Yさん賞→上大川さん
谷さん賞→上大川さん

おぉ!?かみおが2票獲得!これは、前回に続いて連続優勝に期待が高まります!

Oさん「むむむ。今回、分からないですね」

何がですか?

Oさん「誰がつくったかです。いつもはお弁当箱でなんとなく分かるんですけど、タッパーだと見当が付きません!」

おー!公平を期すために、誰の作かは伏せてますからね。いいですね、今大会ならではの面白みが出てきました!

Oさん「あ、でもこれは小原さんだ!

こんなきゅうりの詰め方、彼女しかしないんで

(笑)はい、そのとおりです。

Yさん「ポテサラをもっときれいに入れてほしかったです」

あ〜タッパーのフタで潰れちゃってますもんね。

Yさん「……こんな感じでいいんですか?すみません、慣れてなくて」(←4月入社)

Oさん「いいですよ〜当然のご意見です。

間違い探しで一番目に見つかるくらいのイージーミスです

Y「(おぉ……!そういうふうに言うんだ……)」

がんばれ!Yさん!

Y「こ、これはどうですか?ゆで卵、こっち向いててほしくないですか?」

ホントですね!せっかく半分に切ってるなら、断面見せたら良いのに。

谷「これなんか、面白い……面白いと言うか、几帳面?というか……感性が……」

感性が?

谷「ずれてる」

ずれてる!
オブラートに包もうとして包みそこねたぁ〜!

Oさん「これしゃけごはん?しゃけごはんに梅干しいらないかなぁ」

みーーーっけ!

Oさん&谷「あとこれは?黒豆?」

あ、それブルーベリーです。その人の家で育ててるらしいですよ!

谷「蛇足でしたね」

だそく!?蛇に足と書いて蛇足!?

谷「海苔から昆布はみ出してるのかちょっと。毛が出ちゃったみたいでヤなんで、きれいに隠してほしかったですね。

Oさん「あと磯辺揚げがメインかっていう」

でしょ?ビッグいないってありえないよね?

Oさん「ビッグ?」

あぁ、すみません、こっちの話です。

怒りの人差し指

Yさん「ていうかこれ、なんできゅうりなんだろう?

2枚だけ。

別に調理してるわけでもないし(怒)」

確かに……!(Yさんの背中に、青い炎が見える!)普通この位置はたくあんですかね。

谷「ここ、惜しかったですね。最後ずれてる。等ピッチで来てたのに、ここだけ違くてノイズを感じます」

O&Y&塚「ノイズ!」

(谷、ちょっと飛ばしすぎで“うっせぇわ”案件やな)

スリーピース!

Oさん「サラダと言うわりに、ハムとかチャーシューとか肉を諦めきれない感じがありますね」

谷「主役不在って気がします(!)そうだ、全員2番バッターみたいな!」

……谷さんさっきから、爪痕残そうと思って必死やな。ぶんぶんバット振ってるやん!

谷「そりゃそうですよ!審査やるからには、いっぱい文字にしてもらわないと!」

若手やなぁ〜。その意気やよし!だけど。

谷「整いすぎてパエリア感ないですね」

O「イカの飾り包丁、すごい綺麗ですけどね」

谷「う〜ん、パエリアってもっと雑多な食べ物だから、家庭料理感がほしいです」

そういう意味ではこっちのパエリアのほうがいいですか?

丸くない

谷「こっちは卵の形が汚いんですよね。これならないほうが良かった。ちょっと書いていいすか?

は?書く?

キュキュキューー!

谷「こんな風にムール貝が入ってたら最高だったかも」

かみおの2連勝が、谷によって黒く塗りつぶされてしまったぁ〜!

Yさん「そうなると、この方ですかねぇ」

Oさん「そうですね!照り焼きの色がとっても綺麗で美味しそうなんです。卵も味付けにしてひと手間かけてるし、トッピングの糸唐辛子もおしゃれです」

……というわけで、ようござんすね?
今回の優勝はこれだ!

ちゃっらーーん!

榊原さん!初優勝おめでとー!

「わーい、ありがとうございます!毎回手を抜かずに、コツコツやってきてよかったです!」

そんなわけで第20回ベガ弁!優勝は、ディレクター榊原さんの「テリヤキインパクト」でしたー♪

次回のテーマは「絵画メシ」……?

さぁーて、次回の「ベガ弁!」は?

「絵画メシ」です!

はて、絵画メシ?それってどんなメシ?発案者の大迫社長、説明お願いします。

「例えば、フェルメールの『牛乳を注ぐ女』という絵があります」

「この絵は1657年頃にオランダで描かれたとされていますが、そうした背景を踏まえて、この女性は牛乳で何をつくったのかを考察する。その考察をもとに弁当をつくる。という企画です!」

むずっ!!

ベガ弁史上もっともインテリジェンスを問われるテーマとなりましたが、これ、みんな大丈夫……?

不安残りまくりですが、また次回、お楽しみにー☆

【無料進呈中】ビギナー必読の家づくり読本
設計者から、あなたの予想を超える120点の間取りを引き出す方法をお教えします。

メールアドレスを送るだけ。面倒な登録不要で無料プレゼント中です!

〈ご希望の方は画像をタップ!〉

この記事を書いている人 - WRITER -
塚本靖己
ベガハウス広報担当です。社内の取り組み、家づくりのお役に立てるような情報などを公開していきます。 ツイッターにてベガハウスの「中のこと」を配信中。肩のこる家づくり勉強の合間、息抜きにチラ見してください。街にあふれる「量産型マイホーム」でなく、あなたのために設計された「ただひとつの家」を手に入れられますように。 【上記ツイッターマークからフォローお願いします!】

Copyright© STAFF BLOG , 2021 All Rights Reserved.