家づくりに役立つ情報や、ベガハウスの取り組みをお知らせします。

家づくりビギナー必読のメルマガ、登録受付中

ベガ弁!-新人初参戦!雨のピクニック-2022年4月

塚本靖己
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
塚本靖己
ベガハウス広報担当です。社内の取り組み、家づくりのお役に立てるような情報などを公開していきます。 ツイッターにてベガハウスの「中のこと」を配信中。肩のこる家づくり勉強の合間、息抜きにチラ見してください。街にあふれる「量産型マイホーム」でなく、あなたのために設計された「ただひとつの家」を手に入れられますように。 【上記ツイッターマークからフォローお願いします!】

はて?6月なのに4月とはこれいかに?

はい、ほんと申し訳ないのですが、4月分の更新が滞っておりました……。4月のお弁当のテーマが「ピクニック」で、梅雨時にピクニックってなんなん!?って感じですが、どうぞお付き合いくださいませ。

「ベガ弁!」とは?

ベガハウスのスタッフが月1回お弁当を持ち寄って、誰が一番のお弁当上手かを競う、それが「ベガ弁!」です。

毎回テーマを設けて、スタッフ全員でお弁当をつくっています!

ベガ弁!の審査基準

毎月のテーマに対して、「テーマに合っているか」「彩りはきれいか」「栄養のバランスは?」などの観点から総合No.1を決めます。

左:Oさん、右:Yさん

審査は、現役ママでもある弊社のスーパーパート隊!OさんとYさんです!

今回はOさんの卒業&ラスト審査!ベガ弁を初期から支えてくれたOさん……。数々の殺人的ぶった切り審査、ありがとうございました!

今月のテーマは「ピクニック」

今月の……って言いながら2カ月前の話で恐縮至極にございます。

「ピクニック」、実は昨年の4月も同じテーマでございまして、そのときには

KTSさんの密着取材

も受けたわけでございます↓↓

まさにこの世の春

って感じです。あの素晴らしい春をもう一度!……というわけで同じテーマでまいります。

スタッフたちの1年間の成長ぶり、そして新人さんの初々しいお弁当にも注目してご覧ください〜👇

お弁当プレゼンはじめまーす

テクニカル・桓本さん
「6種のフランスパン・サンドイッチ」

アンパンマン並みの美しいほっぺたを持つ奇跡の38歳・桓本さんです。して今日は何かな?

「一本のフランスパンから6種類のサンドイッチを作りましたよ!……アンパンマンっていうのやめてくれる?」

昨年、テクニカルの日置さんが作ってきた“カスクート”みたいなやつですね!して中身は?

「ツナサラダ、たまごサラダ、ポテトサラダ、チーズ、エビ&スナップえんどう、ソーセージです。ねぇアンパンマンっていうのさ」

聞くところによると、お子さんが手伝ってくれたとか?

「あっ!たまごサラダとポテトサラダは娘と一緒に作りました!

おぉ!それはポイント高いっすね!パパ〜ン。

「ねぇ、アンパ」

次行ってみよー!


ディレクター・上大川さん
「ガツンと!じゃがいもコロッケサンド」

「今回のテーマがテクニックということで」

ピクニックな

「そのニックということで、実家のじいちゃんの新じゃがと新玉ねぎを使いました!」

こないだじゃがいも掘りに帰省したんだよね。

「そうです!コロッケも実家でよく食べてたんですけど、ピクニックなのでサンドにしました」

めっちゃ美味しそうだけど、かみお、これ食べきらないよね?

「そうなんですよ!なのでつかもっさん、食べてください」

ヤダ

「なんで!」


アフター担当・宮川くん
「春の行楽弁当・リベンジ!」

昨年4月には“期待の大型新人(物理的に)”としてKTSさんにも密着されていた宮川くん。しかし結果は惨敗に終わりました……。

「今回は、去年の反省を活かしてリベンジ弁当を作りましたよ!」

お、いいね!その意気やヨシ!

「メインはいなり寿司で、中身は五目ご飯や肉そぼろ、サラダが入っていてます」

いなりをひっくり返して具を見せる“おしゃいなり”ね、ええやん!

「そして行楽に欠かせない唐揚げ。そして私の言えばの得意料理・卵焼き!今回は特に自信作です。彩りにも気をつけましたし、今回こそは優勝を🙏」

や、すごい綺麗に収まってるし、あるんじゃないですか〜!


プランナー・長田さん
「ぱくぱくキンパ弁当」

「恥ずかしながら初めてキンパ作ったんですよ」

ん、別に恥ずかしくないのでは?キンパってアレね、韓国風のり巻きね。

「そう。ぱくっと一口で食べれるように、ピクニックなんでね」

添えてある白い丸っこいのは何ですか?

「そう!これ新じゃがのポテトサラダなんですよ。これもぱくっと食べられるように丸くしていて、レタスに包んで食べてもよし!って感じですね」

「以上!」

よし元気があってよろしい!


テクニカル・中西くん
「彩りサンド弁当」

ここでニューカマーの登場です!と言っても中西くんは

4年連続インターンに来てくれたベテラン新人

です。フレッシュ感がない 笑

「なんかすみません 笑」

や、ごめん全然いいんだけどね!して中西くんは何を?

「ピクニックなので手が汚れないサンドイッチにしました。ご時世的にも、外で食べるときにも便利かと思って1個ずつラップでくるんでいます。

子どもも一緒だったら……と考えて、真ん中にはたまごサンドとフルーツサンドも入れてみました!」

「う〜〜〜ん!出来すぎ!フレッシュ感がない 笑」


総務経理・小原さん
「肉巻き&チーたまサンド」

「今回はパンにしました」

雑っ!

説明が雑すぎます!もっとくださいよ!

え〜〜〜〜っと。肉巻き。肉巻きを挟んでます」

肉巻き?肉を一旦巻いて、それから挟んであるんですか?

「そうです、肉巻き。肉巻きサンドです(笑顔)」

(それって巻く必要あるんか……?)

あと、ちくわからカイワレが生えてますけど……

「カイワレじゃありません、ブロッコリースプラウトです!私はこれがあれば、もういいんです

(もういいんだ……)


設計・織田さん
「のり巻きアソート弁当」

気を取り直しておだちんです。どげんですか!

「一見なんの変哲もないのり巻きですが、これ全部違う味なんですよ」

お、さすが!やってますね。ほいでほいで?

「キムチ、キンパ風、海老サラダ、鮭サラダ、わさび味、鮭の西京漬けの6種類です」

ご飯の色もちょっと違いませんか?

「そう、白ごはんと玄米の酢飯です!」

シンプルな中にもちゃんとひと工夫入れてくるあたり、さすがの織田クオリティっすね!


ディレクター・榊原さん
「パクパクおいなりさん」

Wカブり!

「そうですね 笑」

パクパクは長田さんと、いなり寿司は宮川くんとカブっておいでですよお嬢さん!

「左から鮭、ごま、たまご、春菊のナムル、そぼろ、です!」

こうなってくると織田さんともカブっているような……。なんかサカキ的押しポイントはなかですか?

「……春らしい彩りで……」

で……?

「す」

す!彩りです!
オケーーーーーイ!次行ってみよー!


アフター担当・坂元さん
「新菜弁当」

「今回は旬の食べ物ということで」

え?違いますよピクニックです。

「タケノコをメインにしました!タケノコご飯にタケノコの土佐煮、タケノコの唐揚げです」

いや、聞いてます?旬じゃなくてピクニックですって!

「あと出始めの野菜ということで新じゃがも盛り込んでいます!」

おいおい、止まらんぞこの人!ピクニックって!

「ニッ!(全力の笑顔)」

だめだこりゃ!


広報・塚本
「タケノコのオイスターソース炒め&オープンいちご大福」

天然のおじさんの後でめちゃめちゃやりにくい上に、

まさかのタケノコかぶりでテンション落ちてます 泣

まぁでも私のはちゃんとピクニック仕様なんで!2段弁当になっていて、1段目はしっかりお腹をふくらませるボリューム感を大切に!タケノコと豚バラのオイスターソース炒めがメインです!

そして2段目!こちらはみんなとシェアするいちご大福です!お弁当的見栄えを意識して、あんこもいちごも見えるオープンタイプにしましたよ。

どやさ!


ディレクター・渡邊さん
「コロコロおにぎりのワクワク弁当」

さぁ、プレゼンも終盤に入りまして、ニューカマー2人目、渡邊さんです!
どんなお弁当かな?

「4つの違う味の…ふふ、おにぎりを…ははは!入れて 笑」

何がおもろいねん!

「おにぎりにのりを巻いてるんですけど、この巻き方は母が、運動会とか特別なときのお弁当でやってくれてたのを真似してみました」

おふ……急に泣かせてくるやん。

「食後にデザートがあったらいいなと思って、うさぎのおにぎり……」

おにぎり!

「違った!りんごのうさぎを作りました!」

はい最高。これが初々しさ、フレッシュ感というものだよ、中西くん!


総務経理・山田さん
「エスニック風サンド・バインミー」

そして最後のニューカマー山田さんです!えーっと、大工さんでしたっけ。

「経理です」

え?

「経理です!」

ギャップ凄いすね!ギャップ凄すぎて耳キーーーンなるわ!

「古いです」

すみません。

「エスニックが好きなのでバインミーを作ってきました!ローストビーフにチキン、紫キャベツ、パクチーが入っています」

とってもボリューミーですね!美味しそ〜♪横に添えてあるのは何ですか?

「〈アーモンド効果〉で作ったゼリーです」

あら可愛い!またもやギャップ萌えですね!


テクニカル・山野くん
「春の軽快オープンサンド」

「今回はピクニックということで、サンドイッチをテーマに作ってきました」

ちゃうちゃう、テーマはピクニックやねん。

「…………え?

いや めんどいな。進めて。

「中身が見えるオープンサンドです。きんぴらとハムとたまごサラダと……」

ねぇこれってさ、両面とも具がのってたら挟めなくない?片面はバターとかからしマヨのみとかじゃないと。

「…………え?

なんだんねん!寝とんのかい!

「あ、これ、挟まずにそのまま食べるつもりでした」

リッツパーティみたいに?

そういうもんなんだ……ごめん大田パンのオープンサンドを想像してたから、思てたんと違ったわ。

いよいよ審査会!初のオンライン!

13個のお弁当が出揃いましたので、審査会をスタートします!

今回はスーパーパート隊Oさん、Yさんに加え、花の都TOKYOにてリモートワーク中の広報・赤﨑さんにも審査員として参加いただきます!

よろしくお願いしまーす

何を隠そう彼女は、過去に4度の優勝に輝き永久チャンピオンとして殿堂入りしております!

では、ファーストインプレッションによる個人賞発表から!せーーーのっ

ほいっ!

Oさん賞→小原さん
Yさん賞→宮川くん
赤﨑さん賞→長田さん

ほーほーほー。割れましたねぇ。

Oさん「昨年の和風な感じから一転、洋風になっていて、かわいい!」

Yさん「ピクニック感のあるおかずと、彩りの良さで選びました!」

赤﨑「食べやすそう!ポテサラを丸めてるのがいいアイデアだなと思いました」

では、ここからが本番!ビッシビシ審査していきましょう!

赤﨑「まずは桓本さんのいちご。ヘタの裏とかに一番汚れが付くんで。色も良くないですよね」

Oさん「山野さんのオープンサンド、オープンのまま食べるんですよね?」

そう言ってましたよ。

Oさん「千切りキャベツは食べづらくないですか?」

Yさん「あと、きんぴら以外ほとんど同じ味では?」

そうですね 笑

Oさん「中西くんのはパンが曲がっちゃってるのがイヤかなぁ。器選びが間違ってるっていうか」

わざわざカゴを買いに行ったらしいですよ。

Oさん「なのに?

ふぅ〜(ため息)」

新人さんでいうと、渡邊さんはいかがですか?

Oさん「トマトのヘタ取った跡は見えないようにひっくり返すのがベターですね」

赤﨑「それか切って断面見せるか。あと鶏ハム!もっと中身まで見えるように盛り付けてほしかったぁ〜惜しいっ!」

秘技!Y・O砲!

おにぎりの、のりの幅が違うのも気になりません?

Yさん「それを言ったら

混ぜムラでしょ!

Oさん「そうそう 笑 これちょっと気になりますね!」

Yさん「これ、なんです?なぜここにとうもろこしを2粒?」

赤﨑さん「宮川くんのきゅうり輪切りどーーんも気になります」

Oさん「私はその隣の赤いやつ。なんですかこれ?いちご?

いちご?

いなりにいちごぶっこむような悪い子じゃないですよ宮川くんは!ねぇ!

宮川さん「はい、あのぅ、それカニカマです」

あぁ〜!!

Oさん「ふぅ〜ん、まぎらわしいですね」

宮川さん「……」

上大川さんはどうですか?

Oさん「断面が汚いです」

はい!(敬礼)

Oさん「……最後なんで言いですか?」

はい喜んで!

Oさん「レタス死んでます!」

ででで、出たぁ!Oさんによる食材死亡宣告ぅ〜!

締まった締まった!
さぁ、優勝者発表と参りましょう!

いっせーーのっ!

ほい!

来ました!来ましたよ!

優勝は!

アフター担当・宮川くん!

昨年のリベンジ達成です!おめでとう〜!

ちょ、社長!見切れてるから!

宮川くん「ありがとうございます〜!自分で自分を褒めてあげたいと思います!」

次回のテーマは「粉もん」

さぁーて、次回の「ベガ弁!」は?

「粉もん」弁当です!

お好み焼き、たこ焼きのみならず、世界に目を向ければパンケーキ、クレープ、ガレット、ピザなどなど!

無限の可能性を秘めた「粉もん」で勝負です!お楽しみにー♪

【無料進呈中】ビギナー必読の家づくり読本
設計者から、あなたの予想を超える120点の間取りを引き出す方法をお教えします。

メールアドレスを送るだけ。面倒な登録不要で無料プレゼント中です!

〈ご希望の方は画像をタップ!〉

この記事を書いている人 - WRITER -
塚本靖己
ベガハウス広報担当です。社内の取り組み、家づくりのお役に立てるような情報などを公開していきます。 ツイッターにてベガハウスの「中のこと」を配信中。肩のこる家づくり勉強の合間、息抜きにチラ見してください。街にあふれる「量産型マイホーム」でなく、あなたのために設計された「ただひとつの家」を手に入れられますように。 【上記ツイッターマークからフォローお願いします!】

Copyright© 暮らしのBLOG , 2022 All Rights Reserved.