家の性能について

家全体で効果を高め合う、相性の良い材料選び

住まい手の命・健康をしっかりと守ることも、住宅の大切な役割です。さらに、夏は涼しく、冬あたたかい快適な温熱環境が少しのエネルギーで得られること、そしてその性能が、劣化せずに長く維持できること。それが、ベガハウスの住宅性能の基本です。

耐震性、耐久性、断熱性、温熱環境性を高いレベルで確保するための標準仕様を、これから一つひとつ、ご紹介します。

メタルジョイント工法

耐震性と耐久性を兼ね備える工法

メタルジョイント工法(金物工法)は、木造軸組工法の従来の接続部分を金属に置き換えた工法です。強固な金具によって躯体を緊結し、荷重・台風・地震などの外力に対して格段の強さを実現しました。表面には高耐食の防錆処理が施されており、信頼の住まいを作ります。

プレセッター+集成材

高精度・高強度の「プレセッター金物」と安定した品質を持つ集成材「エンジニアリングウッド」を組み合わせることで、柱と梁を強固に結合します。

優れた耐震性

プレセッター金物は、本体とプレートの重なった部分をピンで一体化します。そのため、あらゆる方向からの力に強靭に抵抗できます。

セルロースファイバー(断熱材)

高い断熱性を保ちながら呼吸する、リサイクル素材でできた断熱材

セルロースファイバーは、新聞紙をリサイクルした地球にやさしい断熱材です。天然繊維であるセルロースファイバーの空気胞が熱や音を伝えにくくし、さらに木質繊維特有の吸放湿性で適度な湿度を保ちます。

デコスドライ工法

効果的な断熱性能には、「断熱材品質」と「施工技術者の施工品質」の両方が欠かせません。線状のセルロースファイバーを乾式で吹き込むデコスドライ工法は、手の届かない隅部の充填も可能。水や接着剤は一切使いません。マットやボード状の断熱材施工とは異なり断熱欠損がなく、大切な家の断熱性能を最大限に発揮します。

断熱性

デコスドライ工法なら、複雑な壁体内の形状にも対応し、隙間のない断熱施工が可能です。そのため、冬は室内の熱を逃さず、夏は屋外からの熱の侵入を防ぎます。また、家の中の温度差も少なくなり快適です。

調湿性

セルロースファイバーは天然木質繊維です。吸放湿性に優れ、一年を通して壁内を適度な湿度にコントロールします。特に、梅雨のジメジメ感や夏のムシムシ感を緩和して、湿気のこもらない快適な室内環境が期待できます。

吸音性

セルロースファイバーは吸音性にも優れています。日常生活の音や、室内からもれるプライベート音を和らげます。もちろん、屋外からの騒音も抑えることができるので、音に悩まされずにぐっすり眠ることができる寝室を作ることができます。

ボロンdeガード

ホウ酸の力で“シロアリ”や“腐朽(ふきゅう)”から守る防腐防蟻処理工法

ボロンdeガード工法には、天然鉱物のホウ酸塩の一種を用います。安心安全で、シックハウス症候群も起こさない、人と環境に優しい自然素材です。鉱物由来のため、水分(雨など)で流れ出ない限り効果は恒久的に作用し続け、大切な家を長期間守ります。

安全性

人間をはじめとする哺乳類や、植物にとってホウ酸は、微量ですが必須元素になっています。万が一、摂りすぎても体外に排出され重篤な副作用も起こしません。無色透明で無臭、空気中に揮発することもありません。

持続性

鉱物由来のホウ酸は、分解や揮発することがないので効果が低下しません。ちなみに合成殺虫剤(農薬)の効果は3~5年でなくなります。

高千穂シラス(内・外装材)

100%自然素材。安全性の高い良質なシラスがつくる、豊かな風合い

微細なシラス粒子の中に内包されたマグマ成分が活性化。消臭・調湿など様々に効果を発揮します。シラスならではの素材感豊かな風合いをつくる内装材「薩摩中霧島」、厳しい自然環境下でも劣化しない高耐久性が自慢の「スーパー白洲そとん壁W」があります。

調湿性

シラス壁は、湿度が上がると余分な湿気を吸収し、湿度が下がると湿気を放出します。湿度が10%下がると体感温度が1℃下がると言われていますので、蒸し暑い日本の夏に最適な建材です。エアコンの使用を減らせるので、節電にも効果的。

消臭性

シラス壁は、タバコやペットの臭いを短時間で消臭。もし、家具からホルムアルデヒドなどの化学物質が放出しても、シラス壁が吸着し時間が経っても再放出しません。

長寿命

シラスと同じ火山噴出物は、ローマ時代に作られた神殿やピラミッドにも使用されています。現在もその姿をとどめていることから分かる通り、優れた耐久性を誇ります。シラス壁は無機質の天然セラミック素材なので、紫外線に強く、色あせや劣化もほとんどありません。

シックハウス症候群対策

シラス壁は、シックハウス症候群の原因物質を一切含みません。さらに家具などから放出される揮発性有機化合物(VOC)もしっかりと吸着し、再放出することもありません。

カラッと漆喰(内装材)

従来の漆喰と比較して、5倍の調湿性と2倍の断熱性を誇る

「カラッと漆喰」は活性アルミナ配合。これにより、従来の漆喰より5倍の調湿性と2倍の断熱性を実現しました。さらに、ペットや料理の後の気になる匂いに効果を発揮する消臭性にも優れています。化学合成接着剤を一切使用していなので、「家族に健康的な環境を」と願う方にピッタリの壁材です。

調湿性

漆喰は、高温多湿な日本の気候風土に適しています。内壁材は吸放湿性能が高く、室内の湿気を吸収してくれるので、室内の調湿に大変効果的です。さらに、強アルカリ性なのでカビや細菌の発生を抑制しやすいと言われています。

夏涼しく冬暖かい

漆喰は多孔質構造で、断面が呼吸し続けます。真夏の大気温度が高い際は壁面に受けた熱を放熱し、真冬の大気温度が低い際は蓄熱します。また、気になる臭いやシックハウス症候群の原因の一つであるホルムアルデヒドも吸着してくれます。

ショーホーム

見学予約